最新情報はこちら

何で移動する?

派遣期間もあと1ヶ月をきり、何かと慌ただしくなってきました!

今回は、私の生活しているセブ、マクタン島の主な交通手段をご紹介したいと思います。

まずは、ジプニーです。
ジプニーはどこでも乗り降り自由なバスのようなものです。
セブ地域のジプニーは、マニラや他の地域のものと少し異なり、やや小さめで車体も比較的新しい印象です。
地元では「モルテカブ」と呼ばれています。初乗り7ペソ(約16円)。

日本語パートナーズ、セブ、マクタン島のジプニー
ジプニー

続いて、トライシカ(ッド)です。
これは自転車にサイドカーが付いているもので、乗車人数は2人です。
私はこのトライシカでメイン校へ通っており、気持ちよく風を感じて通勤しています。初乗り10ペソ(約23円)。

日本語パートナーズ、セブ、マクタン島のトライシカ
トライシカ(自転車)

最後は、トライシクルです。
これはバイクにサイドカーが付いているもので、やや長距離のときに利用します。
乗車人数は、驚きの6人!
バイク1台にサイドカーと6人……、明らかに重量オーバーですよね。

では、どう座っているか。
まず、普通にサイドカーの中に2人座ります。

日本語パートナーズ、セブ、マクタン島のトライシクル
トライシクル(バイク)

次はドライバーの後ろに2人。この時点でドライバーは立ち乗りというか、タンクに座っているというか、とにかくもはや座席ではないところに乗っています……。

日本語パートナーズ、セブ、マクタン島のトライシクル

その次は、サイドカーの中で、ドライバーに背を向ける感じで1人座り、その手前の補助席のような小さい椅子に外を向いてもう1人座ります。

日本語パートナーズ、セブ、マクタン島のトライシクル

これで6人!
初乗りは7ペソ(約16円)。距離によって最大10ペソを払います。

こちらに来た当初は少しドキドキしながら乗っていましたが、今はだいぶ慣れて、距離による金額も分かってきたので、かなり使いこなしています!

暑いので、タクシーで楽に移動したいと思うこともしばしばありますが、私の住んでいる地域では簡単に乗ることができません。
しかし、こういったローカルな乗り物に乗って生活できることは、私にとって日本語パートナーズならではの貴重な経験になっています!

Writer
フィリピン セブ
岡本 沙樹さん

この人の書いた他の記事

フィリピンの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP