最新情報はこちら

まさに多民族社会!『今日はオープン寮DAY!』

マレーシアのイメージの一つに、「多民族社会」が挙げられると思いますが、私が派遣されているクチンがあるボルネオ島は、マレー半島以上に多民族社会・文化を感じられる場所です!

日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 日本語パートナーズたちがおそろいの法被を着た写真 クチン名物の猫の像の前にて
同じくクチン派遣のメンバー(通称“チームクチンジャパン”)と共に、クチンの街にて。マレー語で「猫」を意味する「クチン」では猫モチーフの銅像や壁画がいたるところにあります。「日本語パートナーズ」の法被は3人でお揃いで作成したもの。(筆者中央)

今回は、私の派遣校で先日行われた行事『Hari Asrama Terbuka (英訳: Open Dorm Day、日本語訳: 寮開放日) 』で垣間見たボルネオ島の多民族社会・文化の様子をお届けします。

日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 寮開放日を知らせる垂れ幕の写真
寮の前の廊下にて、寮開放日の垂れ幕

私の派遣校は全寮制の学校で、年に一度、寮開放日が設けられています。この日は生徒の保護者や、近隣の学校の先生・生徒など外部から人が訪れるだけでなく、普段は異性の寮へ行き来が禁止されている生徒たちも、この日だけはお互いの部屋を訪れ、各部屋で一緒にご飯を食べることのできる一大イベントデーです!

日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 男子寮を訪れた女子生徒が男子生徒と一緒にお菓子を食べている写真
男子寮を訪れ、一緒にお菓子を食べる女子生徒たち。

それぞれの部屋に行き来をし、ごはんを食べる楽しみは勿論ですが、本当の目玉は各部屋のデコレーション! 実はこの日、チームごとに部屋の綺麗さやデザインを競い合う大会日でもあるのです。今年のテーマは「文化」ということで、各部屋・ブロックを、サラワクならではの多様な文化をモチーフに、それぞれ高得点を目指し、連日連夜掃除やかざりつけに励んでいました!

日本語パートナーズ 男子寮のアイロン室は中華系の文化をテーマに鯉が描かれている様子
中華系の文化をテーマにした男子寮のアイロン室。生徒によって立派な鯉が描かれていました!
日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 マレーシアの一民族ビダユ系の民族衣装を身に着けた生徒と浴衣を着た飯島さんのツーショット写真
ビダユ系の文化紹介の一貫として、ビダユ族の民族衣装を身に付けた生徒と共に。
テーマが文化ということで、私も日本文化を紹介するために着物をきました。
イバン系モチーフの部屋にて。かつて首狩り族として有名だったイバン族のアートを描いた生徒。
各寮のブロック前の庭も審査の対象。小道にもボルネオ島の先住民族の文化を象徴する模様が。

そして今回私も日本の文化を紹介できるいい機会だと思い、自分の部屋を開放し、「着物」を着て、訪れた方々に「おにぎり」をふるまうことにしました! 自らオープンルームを開催するのは初めてでしたが、日本語クラスの生徒を中心に手伝ってもらい、大盛況!

日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 おにぎりをふるまう飯島さんを手伝ってくれた生徒たちとの写真
お手伝いをしてくれた生徒。おにぎりを作った後は浴衣も着て呼び込み! 雰囲気作りもバッチリ!
日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 飯島さんのオープンルームに遊びに来ておにぎりを頬張る男子生徒たちと一緒に撮った写真
オープンルームに遊びに来ておにぎりを食べている男子生徒。
女子生徒はよく私の部屋へ遊びに来ますが、男子生徒は来ることができないので貴重な機会です。
日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 飯島さんのオープンハウスを楽しみに列をなして待ってくれた女子生徒たちと一緒に撮った写真 イバン族の民族衣装を身に着けた女子生徒も一緒にいる
オープンアワー前からおにぎりを楽しみに列をなしてくれたメンバー。部屋でまったり。
奥の生徒が着ているのはイバン族の民族衣装。

お米が炊き上がって握れたと思えばすぐ完売、また炊いて握ってすぐ完売、と忙しかったですが、お米の炊き上がる待ち時間にはプチ三線教室を開くなどとても充実した時間を生徒と共に過ごすことができました!

日本語パートナーズ マレーシア サラワク州 米が炊き上がるまでに開いた三線教室で充実した時間をすごした筆者と生徒たちの写真
三線を楽しむ生徒たち。三線は日本から持ってきてよかったと思うアイテムの1つです。

この日のために、連日連夜、生徒・先生共々寝不足になりましたが、ボルネオ島・サラワク州ならではの多民族の文化をさらに知れ、また皆にも日本文化を紹介することができたとても良いイベントでした。

Writer
マレーシア サラワク州
飯島 葉月さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP