最新情報はこちら

「タンブンってなに?」

どーも、加藤翔真(通称:まっは)です!
5月17日に、学校創立62周年記念式典が行われました。
日本の学校だったら学校創立記念日をどう過ごしますか?


創立62周年記念の横断幕

私のイメージでは「創立記念日=みんな大好き休校日」でした。
しかし、ここでは教職員全員フォーマルな伝統衣装に身を包み、62人ものお坊様をお招きし、盛大に62周年を祝いました。


みんな清々しい顔で頑張っていますが、実は猛烈な暑さで汗ダラダラ

お坊様をそんなに大勢招待して何をするの? と思っていたら、教員・生徒全員が校庭の道路脇に並び、お菓子・飲み物・食べ物・日用品を、回り歩くお坊様の鉢へどんどん入れ始めました。


ズラーっと道の両側に並び様々な物を捧げる生徒たち

お坊様の鉢に到底入りきらないので大きなビニール袋を持った生徒が後ろに付き添う様子

そう、これはタンブンです。
これが終わると、次は生徒全員が講堂に集められ、お坊様からありがたいお説教を受けました。


小さな竹箒のようなもので生徒に水をかけながら時折近くの人の頭をその箒で叩く真ん中のお坊様

お説教を聞く生徒達

そう、これもタンブンです。
捕まった生き物を逃がしてあげることも、お寺に行ってお祈りすることも、貧しい人に施しを与えることも、出家することも、全部タンブンらしいです。
タンブンとはつまり「善行を行う・徳を積む」ことだそうです。

タイの国民の多くは仏教徒です。
そこでは、徳をたくさん積むことで、自分も自分の家族も幸せになれると考えられています。
また、積んだ徳は現在だけでなく、自分の後世にも良い影響を与えると信じられています。
そのこともあって、タイの人々はよくお寺に行きます。

みなさんもタイのお寺に行った時は、写真撮影だけでなくタンブンも忘れずに。
それでは。


一緒に日本語を教えている先生と私。このタイの民族衣装は滅多に着れないそうなので記念に
Writer
タイ ウボンラーチャターニー
加藤 翔真さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP