最新情報はこちら

ところ変われば例文も

あるクラスの授業にて。
教科書の「天気がよくて、暑かったです」

この文章が腑に落ちない生徒。
その理由を聞くと、「暑い日は、いい天気じゃない」とのこと。

一瞬考え、その意味に気づきました。

私もタイに到着してからずっと感じていました。
晴れた日は体感温度40℃の予報が出るなど、倒れそうなほど暑いタイの天気。

そうです。この地でのいい天気とは……

涼しい日。なのです(笑)

日本では空模様に対してですが、タイでは“過ごしやすさ”が良しあしの基準なのだと知りました。

文化や地域によって同じ天気でも、感じ方が異なることを思わぬ所で知り、“目に見えない”文化を肌で感じることができ嬉しかったです。

冬が明け、桜の咲く、春の暖かな日を、いつか日本で感じてほしいと思います。
"いい天気"だから。

写真はブリラム県にあるムアンタム遺跡にて。
約1000年前のカンボジア領(クメール王朝期)だった頃の遺跡。
アンコールワットのような雰囲気はその影響です。

この日もぐったりするような暑さでした。
暑さに負けずに今後も日本を伝えていきたいです。

Writer
タイ ブリラム
亀谷 拓さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP