最新情報はこちら

サラワク州クチンへの旅

マレーシア4期の丸山です。
先日学校休暇を利用して同期のNP(日本語パートナーズ)に会いに東マレーシアサラワク州都のクチンを初めて訪問しました。イスラム教であるマレー系が6割を占める半島マレーシアと違い住民の多くが中国系、先住民系を中心に人口が構成されているため、町の雰囲気が全く違いました。サラワク州では宗教が違っても民族間同士の距離が半島マレーシアより近いそうです。
「クチン」とはマレー語で猫という意味なので、町のシンボルとして猫の銅像などをよく見かけます。

マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真1

街は想像していたよりずっとお洒落な都会で、街の中心部にあるサラワク川の周りは観光名所で夜になるとライトアップされた橋を渡る人々でにぎわっていました。

マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真2
マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真3

こんなお洒落なお店を発見しました!

マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真4
マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真5

サラワク川の周り

多様な先住民が交じり合って独特の文化を構成しているクチンですが、一番の楽しみはやはり食べ物です。クチンを知り尽くしている同期NPのお陰で短い滞在で地元の名物料理をめいっぱい堪能できましたが、私が特に気に入ったのは以下のメニューです。

マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真6
鶏のスープに黒胡椒が効いた、サラワク・ラクサ
マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真7
汁なし麺、コロ・ミー
マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真8
新鮮で手頃な価格のシーフードと野菜料理
マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真9
シーフードは“TOP SPOT FOOD COURT”という屋台村がおススメです

サラワクにはイバン族の伝統的なお酒、「トゥア」が流通していますが、これが日本酒に似たフルーティーで飲みやすい味で、サラワク料理にとても合いました。

マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真10
トゥア。クセになる美味しさです

また、“ケック・ラピス (レイヤーケーキ)”というカラフルな層になったケーキも特産品です。日本では見かけない色使いが新鮮でした。

マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真11
ケック・ラピス(レイヤーケーキ)の試食。思ったより甘すぎず美味しかったです
マレーシアの日本語パートナーズの活動 クチン訪問の写真12
販売サイズはこんな感じです。

こぢんまりと歩きやすいつくりになっている街を散策しながら地元の名物料理を堪能し、クチンを満喫できました。クチンは日本のガイドブックにはあまり載っていないですが、マレーシアの穴場の観光地だと思いました。

以前から馴染みがあったマレーシアですが、今回の滞在で改めてその文化の多様性と奥深さに触れ、ますますマレーシアのことを知りたくなりました。現地で購入したマレーシアの関連書籍もずいぶん増えてきたので、これらをじっくり読み込んで理解をさらに深めたいと思います。

Writer
マレーシア スランゴール州
丸山 洋子さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP