最新情報はこちら

多種多様な文化に触れることができる私の学校

こんにちは。マレーシア4期、サラワク州のミリに派遣されている知名です。

サラワク州はマレー系、中華系、インド系の他、イバン族をはじめとする先住民族が人口の多数を占める州です。派遣されて半年がたちますが、様々な文化に触れることができとても楽しく過ごしています。そんな地域にある私の学校は、Asrama 1 Malaysiaという、マレーシアで5校しかない多民族の生徒が通う学校です。そのためそれぞれの民族や宗教に合わせたイベントが多いので、少し紹介させていただきます。

マレーシアでは2月にChinese new year(旧正月)があり、休み明けの3月初めに学校でお祝いをしました。生徒や先生は、赤い服やチョンサム(チャイナドレス)を着てイベントに参加します。

マレーシア、サラワク州に派遣の日本語パートナーズの活動1
赤い服を着ている生徒たちと一緒に。私は生徒から借りた紺色のチョンサムを着ました。

バンドやカラオケ大会や獅子舞のダンスなど、中華系の生徒や先生で用意したステージを楽しみました。特に獅子舞のダンスは、迫力がすごく見入ってしまいましたが、踊っていたのが生徒だと後から聞き驚きました。

マレーシア、サラワク州に派遣の日本語パートナーズの活動2
ピンクと白のキラキラした獅子舞です。約20分間踊り続けていました。

また7月には、ハリラヤ(イスラム教のお祝い)、ハリガワイ(イバン族をはじめとする先住民族のお祝い)、ディパバリ(ヒンドゥー教のお祝い)の3つをまとめたイベントが行われました。生徒や先生は民族衣装を着て参加します。


左からカヤン族、イバン族、イスラム教の伝統衣装です。私は、カヤン族の先生から借りた民族衣装を着ました。分厚い生地で少し重いですが、細かいビーズで描かれた模様がとても綺麗でした。

そして、それぞれの民族衣装でステージに上がりダンスや歌を披露します。一度にたくさんの文化に触れることができ、とても素晴らしい経験になりました。


イバン族、ケニャ族、ビダユ族などそれぞれの民族衣装を着て踊っています。ゆったりとした音楽に、花を摘むような動きが印象的なダンスでした。

メラナウ族の民族衣装を着て踊っていました。頭の上に乗せた、大きい金色の冠のようなものが特徴的です。

生徒からの歓声がすごかった、ヒンドゥー教のダンスです。男女がペアになって踊ります。

たくさんの民族や宗教がありながらも、それぞれの文化を理解し尊重し合う姿があるのは、私がマレーシアとこの学校を好きな理由の1つです。残り2ヵ月もありませんが、このような文化を学びつつ、日本についてもっと知ってもらえるよう活動を頑張りたいと思います。

Writer
マレーシア サラワク州
知名 和歌さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP