最新情報はこちら

感謝祭~THANKS EVENT~

クチン派遣の藤田です。あっという間に任期残り3週間です。

派遣されてから今まで、たくさんの人に助けてもらい、元気をもらってきました。その感謝をいつか伝えたいと思っていました。

任期が残り2カ月となった時、木村さん(ジョホール派遣)と何か思い出に残るようなことをしようとイベントを企画しました。

テーマは、感謝!!

「感謝祭~THANKS EVENT~」

目的は、お互いの派遣校の生徒、先生、職員に感謝を伝えること!

私たちの任地は遠くて、会って話し合うことができないので、電話会議を重ねながら、それぞれ準備しました。

2人のイラストをメインにポスターを作って、告知しました。
貼りだした初日から、生徒たちの関心がわかりやすかったです!生徒たちは、木村さんがまた来ること、知らない日本食を食べられることをとても楽しみにしていました(お互いの派遣校には別活動で訪問済み)。


木村さんが描いてくれたイラストを使って、ポスターを作りました

ポスターに興味津々の生徒たち

イベント詳細を確認してくれています!

準備は、予算決め、分量計算、材料運搬などすごく大変でした。
当日も、せっかく炊けたごはんが失敗してしまったり、予定の時間にすべてが炊き上がらず急遽2回に分けて配膳したりと、ずっとバタバタでした。

でも、そんな時も助けてくれたのは、生徒たちや先生、職員の人たちでした。感謝を伝えるイベントのはずが、改めて、感謝しなければ!と思う場面がたくさんありました。


荷物をいっしょに運んでくれたSAKURA(筆者:藤田の派遣校)の生徒
(お米20㎏/缶詰30缶以上/大量のカニカマ/調味料/パック500個)

パック詰めを手伝ってくれたSTAND(木村さんの派遣校)の生徒

2校とも、450人分の炊き込みご飯はきれいになくなり、足りないくらいでした!
多くの人に喜んでもらうことができました。たくさんのおいしかったやありがとうの言葉をもらいました。
連鎖する「ありがとう」に、とても温かい気持ちになりました。私は、本当にSAKURA(自校)の人たちが好きだなと実感できました。


嬉しい行列でした!

忙しくて、大変だったけど、とても楽しかったです!

SAKURAで成功を祝して!

STANDで成功を祝して!

STAND(木村さんの派遣校)でもアートプロジェクト、感謝祭などの活動ができて、生徒との交流やいい思い出ができました。木村さんにも本当に感謝です!ありがとう!! 任期も残りわずか。感謝の気持ちを忘れずに、最後まで笑顔でがんばります!


日本への手紙にイベントについて書いてくれました

SAKURAの生徒に囲まれての記念撮影

STANDの生徒に囲まれての記念撮影
Writer
マレーシア サラワク州
藤田 沙織さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP