最新情報はこちら

私の暮らすガネーシャの町

10月は一学期が終わり、長めの休暇期間があります。
今月、チャチューンサオ県には二人の日本語パートナーズの友達が遊びに来てくれました。二人は、山地で方言のある北部で活動しているため、標準語を使うチャチューンサオ県にきて、「言葉がはっきりタイ語だとわかる!」「熱い!」「山が見えない!」など、住んでいる環境の違いに驚きをみせていました。タイ国内でも地域によって気候や景観、言葉などいろいろな違いがあってとてもおもしろいですね!

今日はチャチューンサオ県の観光地を紹介します。

まず、この県で一番有名なお寺院、ワットソートーンです。
これは、バンコクのエメラルド寺院についでタイ各地から多くの参拝者が訪れている格式高い寺院です。

タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真1
石造りのこの寺院はとても迫力があり、他のお寺院とは違った壮大さを感じることができます。
タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真2
床一面には水中の生き物が画かれています。

つぎに有名なお寺院はワットサマンです。ここは特に、日本人観光客の間で有名です。
この巨大なピンクのガネーシャ像を皆さんはご覧になったことはありますか?
実はこれ、チャチューンサオ県にあるのです!

タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真3
この大きなガネーシャは3倍の速さで願を叶えてくれるといわれています。
タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真4
ワットサマン行きのソンテウに貼られたものです。いかに日本からの観光客が多いことがわかります。
タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真5
ガネーシャ像以外にも数々の有名なアニメキャラクターがたくさんあります!
まるで、テーマパークのような不思議なお寺です。
タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真6
タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真7

実は、ガネーシャがいるのはここだけではないんです!
一面、田んぼに囲まれた地にあるワット・プローン・アーガートにもガネーシャがいます!こちらも相当な迫力のある座ったガネーシャ像と巨大仏塔があり、一見の価値ありです! ソンテウでくることができるのですが、意外なことに知名度はそれほど高くないようで、迫力満点の穴場のスポットかもしれません。

タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真8
座ったガネーシャ像としてはアジア最大級のようです。本当に圧倒される迫力です。
タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真9
私たちはガネーシャの使いであるネズミのムシカにお願い事を伝えます。
願いがにげないようにもう片耳を抑えてお願い事をしてくださいね!
タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真10
インド、スリランカ様式も取り入れたこの仏塔は高さは96mもあるそうです!

実はまだ、ガネーシャがいるんです! こちらは寺院ではなく公園です。
ここには世界最大の銅でできたガネーシャ像があります!

タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真11
ガネーシャの手にはチャチューンサオ県で有名なマンゴー、バナナジャックフルーツ、サトウキビを持っています。

最後に不思議なお寺を紹介します。通称こうもり寺と呼ばれているワット・ポー・バンクラー。呼び名のとおりものすごい数のこうもりが木にぶら下がっています。お寺に響きわたるこうもりの鳴き声と想像を超えたこうもりの数に驚くことでしょう!

タイ、チャチューンサオの日本語パートナーズの活動 チャチューンサオの写真12
日本の本土では見られないであろう、目が大きくてかわいい、果物を食べるこうもりです。

いかがでしたか? 今回は私の暮らしている町をご紹介しました。
皆さんもぜひ、チャチューンサオ県に足を運んでみてください!

Writer
タイ チャチューンサオ
松山 テサエイシさん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP