最新情報はこちら

台湾の運動会

こんにちは! 台湾3期の今村です。
今回は11月11日に学校の創立記念日で行われた運動会の様子をお伝えします。日本の運動会との違いという視点でまとめました。

(1)雰囲気を盛り上げる装飾
学校の正門前には運動会数日前から各クラスが作成した看板が掲示され、運動会の雰囲気を盛り上げていました。また縦割のクラス単位でかっこいい横断幕があり、これがまた雰囲気を盛り上げます。ちなみに台東女子高校は1組、2組、3組ではなく、1組→甲班、2組→乙班、3組→丙班…以下、丁戊己庚辛美と続きます。漢字のクラス名で横断幕のかっこよさが2割増(このクラス名の順番と発音を覚えるのにかなり苦戦…)。

台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真1
クラスが漢字名だからこそのかっこいい横断幕
台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真2
運動会当日もチームの士気を高めます
台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真3
いつも静かな雰囲気の学校正面口が看板で一気ににぎやかになりました

(2)運動会の予選
10月下旬から午後、運動会の予選があり、リレーや綱引きが行われました。本選に出れるかどうかが決まる予選なので選手も応援する生徒も本気です。

台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真4
綱引きも1年~3年の選抜メンバーが出場。熱い声援が飛び交います

(3)運動会前のパレード
運動会当日は8:30~。競技は何から始まるかと思いきや、予想外のパレードからスタート。同窓会、先生(私はこのグループに参加)、生徒1クラスずつが校庭を歩き、観客と朝礼台の上にいる校長先生に向かってパフォーマンスをします。生徒の衣装、パフォーマンスはかなり本格的。朝から夕方まで授業がある生徒たちは早朝に学校へ行ってみんなで練習するそうです。生徒たちの努力の甲斐があり見ごたえがありました。

台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真5
各クラス思い思いのパフォーマンスを行います
台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真6
これは私が授業で直接かかわっている美術クラスの生徒たちのパフォーマンスです

(4)頑張る仲間への熱い声援
選手への声援は日本の運動会を上回る盛り上がり。女子高ならではの黄色い声援も響きます。また競技を終えた生徒たちを観覧している生徒がみんなでアーチを作って温かく迎える姿は心温まる光景でした。

台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真7
左側から競技を終えた選手が走ってアーチをくぐります

最後は共通点を1つ。
運動会最後の競技は日本と同じくリレー。縦割クラス1チームで30人が走りました。リレーは中国語で「接力(ジエリー)」。30人がゴールを目指して力を接ぐ(つなぐ)姿は本当にすがすがしいものでした。一生懸命な姿はかっこいい。これは世界共通です。

台湾台東に派遣の日本語パートナーズ 運動会の写真8
みんなの真剣なまなざしが素敵でした
Writer
台湾 台東
今村 有里さん

この人の書いた他の記事

台湾の記事

よく読まれている記事

PAGE TOP