最新情報はこちら

初めての台北暮らし

縁もゆかりもないここ台湾の地に暮らすとは!人生は実におもしろいものだ。台北に来てから、あっという間の4か月だった。来る前は、派遣前研修の安全管理の注意を聞いて、街の歩道は忍者のように壁に張り付かないと、バイクに轢かれてしまうと本当に思い込んでいたが、これまで交通事故にも遭わず、歩道の其処にある段差にもつまずかず、台北の街を闊歩している。

台北は東京と生活水準もほとんど変わらずと、それは良いのだが、物価も東京なみで、給料の上昇が追いつかないと現地の方々は嘆いているようだ。しかし、日本同様、市内の有名レストランや洒落たカフェはいつも満席で、「どこが不景気なの?」という感ありだ!

台北のビル群の写真
台北101の展望台から見た台北のビル群

台北には名所がたくさんある。地の利を活かして、色々な観光スポットを訪ねて楽しんでいる。元旦に行天宮にお参りに行った際、「お祓い」をしていただき、さらに、春聯を6枚もいただいたが、これが全部無料だ。2時間も並んだ甲斐あり!台湾は人も神様も気前が良く大らかだ。

春聯見本の写真
行天宮の春聯見本
行天宮の写真
参拝客で賑わう行天宮

また、「八百万の神」の国、日本のように、台湾にもたくさんの神様がいらっしゃるらしい。台湾の神様は明るくて楽しい。現在、林森北路に面した繁華街に住んでいるが、時々、道教の賑やかなパレードがある。昨年暮れにも、七爺八爺という「神様バディ」の行列がお通りになった。

パレードの写真
七爺八爺のパレード

これまでに、達成したことを一つ紹介。それは、現地文化の習得の一つだ。
台湾は名だたる「外食大国」。いつも外食ばかりだと、何となく後ろめたい気持ちがあったが、親しい台湾の友人が断言してくれた。「台湾ではその気持ちは全く必要ない。当たり前のことだから!」これは我が意を得たり。学校の近くの南京建国食堂に通いつめ、スタンプを集め、ついにVIPカードをゲットした!

南京建国食堂の写真
南京建国食堂
VIPカードの写真
同食堂のVIPカード(割引付き)

台北の生活は快適で楽しい。来た当時、中秋の名月を眺めながら、これからどうなることやらと案じたが、杞憂だった。2019年も台湾にも日本にも良い年であるよう祈っている。

中秋節イブの名月の写真
マンション5Fから撮った中秋節イブの名月
いただきものの写真
中秋節のいただきもの
Writer
台湾 台北
土岐 頼子さん

この人の書いた他の記事

台湾の記事

よく読まれている記事

PAGE TOP