最新情報はこちら

ナンヤンポリテクニック(NYP)のオープンハウス

今年は初めて家族と離れてお正月を過ごしましたが、任期も残り1か月となりました。ナンヤンポリテクニック(NYP)は1月2日から授業開始。10日から学校最大の行事であるオープンハウスが開催されました。オープンハウスは、次年度の進学先を考えている中学生やその保護者を対象に3日間にわたって学校を一般公開するものです。NYPの7つの学部が説明会や模擬授業やワークショップ、展示などでそれぞれのカリキュラムを説明します。シンガポールも日本と同じく少子化が進み、入学してくる学生も少しずつ減少しているのだそうです。そのため、NYPにとってこのオープンハウスはとても重要な行事で半年以上前から準備し、学生達も参画して学校全体で取り組んでいます。

私が所属する一般教養学部にはフランス語、ドイツ語、韓国語、日本語の4外国語学科とコミュニケーションスキル学科があります。シンガポールに5校あるポリテクニックでは全体として外国語授業が減っている中、NYPではコミュニケーション能力の育成に力を入れており、外国語の授業も充実しています。今回のオープンハウスでもその魅力を知ってもらおうと、文化体験コーナーやミニ会話レッスン、ワークショップをそれぞれの先生方で工夫を凝らして準備しました。

日本語学科では毎年桜蘭日本文化クラブの学生達が伝統の遊びの紹介をしています。日本語の先生達は日本のおじぎと簡単なあいさつ表現を学ぶミニレッスンと、日本の夏の風情を知ってもらおうと「風鈴制作」のワークショップを行いました。シンガポールで知り合った日本人の友人も沢山来てくれましたが、NYPの教育環境の素晴らしさや自分達の学部を積極的に紹介する学生達の姿に感心していました。このオープンハウスではミニレッスンの教材作成やワークショップの準備運営を任せていただきました。日本語パートナーズとして大きい仕事を最後にやり遂げることができ、ほっとしているところです。

ビル街にあがる花火の写真
マリーナベイ近くの高層オフィスビルで多国籍の友人達と大みそかのカウントダウン。(友人の一人、カメラマンのRiki Fujimoriさんが撮影)
桜蘭クラブの学生達の写真
前日、遅くまでかかって日本紹介コーナーを準備した桜蘭クラブの学生達。日本から教員をしている友人が見に来てくれました。「日本の文化祭前夜と同じで遅くまで頑張ってるね」。
手作りの桜の樹の写真
学生達が何日もかけて作った桜の樹、満開。見学者の方に願い事を書いてもらっていました。
学生たちが水ヨーヨー釣りで遊んでいる様子の写真
今年の遊びコーナーの目玉、水ヨーヨー釣り。小さい子達や中学生に大人気。3日間、水ヨーヨーを準備した学生達、本当にご苦労様。
ダンスメンバーがパフォーマンスしている様子の写真
桜蘭クラブJapanese Music & danceチームはメインステージパーフォーマンス。Jポップダンスのあと「よさこい」も披露しました。
カラフルにデコレーションされたジンジャークッキーの写真
ドイツ語の先生によるワークショップ。ジンジャーブレッドマンクッキー(Lebkuchen)のデコレーションです。
韓国の文化紹介コーナーの写真
韓国の文化紹介コーナー。韓国服ハンボクや折り紙が体験できます。韓国語を学習する学生達が助手をしています。
フランス語のミニレッスンの写真
フランス語のミニレッスン。日本語と同じく、フランス語、ドイツ語、韓国語学科にそれぞれネイティブの先生方がいます。
日本語のミニレッスンの写真
日本語の先生と一緒にミニレッスン。学生も浴衣を着てアシスタントをします。「いただきます」や「ごちそうさま」を教えているところです。
風鈴制作の写真1
風鈴制作ワークショップ。制作の前に日本の夏や暑さ対策を紹介しました。シンガポールには「アイスカチャン」というかき氷がありますが、冷たい麺やスープを食べる習慣がないのでそうめんにびっくりしたようです。
風鈴制作の写真2
ペットボトルを使う風鈴制作は埼玉にある日本語国際センターの派遣前研修でグループの仲間と一緒に取り組んだものです。今回ワークショップでは日本の夏の風情を伝えることができ、簡単な材料でできるので、先生方にも参加した中学生にも喜んでいただけました。
完成した風鈴の写真
完成した風鈴を糸につるし、皆で記念撮影。桜蘭クラブの学生達はワークショップの手順の練習に何度も付き合ってくれたり、材料キットを何十個も準備してくれたりしました。当日も浴衣や法被を着て助手を務めてくれました。
PAGE TOP