最新情報はこちら

ひらがなに慣れよう

こんにちは。バリ島東部クルンクン県派遣の大口智実です。私の派遣校の語学系クラスが使っている教科書は、日本語にローマ字表記がありません。授業の最初に各々で教科書を読みます。でも、ひらがなが苦手な生徒が多いので、ひらがな表と照らし合わせながら、少しずつ読んでいます。文字を読むことに精いっぱいになって、新しい学習内容の理解までいけない生徒が多いように感じていました。話すことができれば、文字はわからなくても良いのではないかとも思いました。そこで国際交流基金の日本語専門家の方に、ひらがなの学習について相談しました。そして「せっかく日本語を勉強するなら、文字もわかったほうが楽しい。書くことは難しいが、読むことは慣れ。日本語パートナーズの担当として、少しずつゲーム感覚で取り入れていけば良いのでは」というアドバイスを頂きました。CP(カウンターパート)の先生に伝えると、早速時間をとってくださり、ひらがなゲームがスタートしました。

ゲームには、CPの先生が持っていたひらがなカードを使っています。

ひらがなカードの写真
様々なひらがなカードがあります。CPの先生の教材コレクションは宝の山です。

ゲームはとてもシンプル。ひらがなを5×5のマス目に自分で書いて、カードを引いて出た文字を読み上げて消していくひらがなビンゴや、ひらがなカードを次々見せて1分間に何個読めるか競争する等です。カードを机に並べて、私が日本語を読み上げ、使われている文字を探すひらがなカルタもしました。10年生(高校1年生)は「いぬ」「かさ」等の短い単語で、12年生(高校3年生)は「おてらへいきます」「くつしたをはきます」といった文も入れました。

10年生クラスの写真
10年生クラス。10人でひらがなを探しますが、それでも難しい様子。
12年生クラスの写真1
12年生クラスの写真2

12年生クラス。とりあえず沢山持って、ゆっくり探す生徒もいました。

ゲームをすると、生徒はとても盛り上がってくれます。私のちょっとした考えを打ち明けてみたら、すぐに取り入れてもらうことができました。最初から「そんな必要ないかも……」「時間も無いし……」と思わずに、伝えてみることは大事だなと気付いた出来事でした。ひらがなを読める生徒が一人でも増えたら嬉しいです。

ひらがな練習の宿題の写真
ひらがな練習の宿題チェックをしました。スタンプは大人気です!
ひらがな表の写真
みんなでひらがな表を完成させよう。一人一文字書いていきます。
ひらがなすごろくの写真1
ひらがなすごろくの写真2
ひらがなすごろくの写真3
CPの先生考案、ひらがなすごろく。ますに書いてある物をひらがなで書けないと、先に進めません。
Writer
インドネシア バリ州
大口 智実さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP