最新情報はこちら

再会

現在2月半ば、日本が寒さを増している中、タイは最も暑い4月に向けて順調に気温が上がっています。

先日、オープンハウスがありました。これは、来年度中学生になる小学6年生の生徒たちに学校を紹介するイベントです。日本語学科もブースを出し、日本料理(うどん、たこやき、チョコバナナ)を含む日本文化(書道、折り紙、浴衣とはっぴ体験)を紹介しました。

書道ブースの看板の写真
書道ブースの看板です。「漢字」の文字の美しさをご覧ください!
CPの先生と一緒に記念写真
ゆかたの着付けの練習中です。CP(カウンターパート)の先生と一緒に記念撮影。
フォトブースの写真
桜のピンクと障子の白が美しくマッチしたフォトブース。日本語学科のイケメン達も一枚パチリ。

なんと、このオープンハウスに合わせて、昨年度派遣されていたNP(日本語パートナーズ)の吉野さんが遊びに来てくれました!
生徒たちの喜びは文章ではとても表現できません。

バス停での写真
手の空いている人総出でバス停まで迎えに行きました!久々の先生(吉野さん)に皆大きな笑顔!
再会をかみしめる二人の写真
再会をかみしめる二人。

しかし、感動に浸ってばかりではいられません。オープンハウスはすぐそこ!
早速一緒に準備に励みました。そして迎えた当日。皆休憩もとらず、必死に文化紹介をしました。疲れはピークだったでしょうが、吉野さんの笑顔もあり、皆の表情は満足感に溢れていました。

日本語ブースの写真
「いらっしゃいませ」が輝く日本語ブース。夜の8時近くにやっと完成です。
チョコバナナ売り場の写真
キュートな女の子たちが売るチョコバナナ、さすがの売れゆきでした。
書道を教えるの様子の写真
遊びに来てくれた先生方に、書道を教える高校1年生。
うどん作りの様子の写真
前日に小麦粉3キロ分のうどんを打ちました。当日はワサビとねぎを添えて……。
折り紙ブースの写真
折り紙ブースでは絵馬を紹介しました。願い事を書いた後は後ろのボードに掲示です。

翌日の金曜日は、折角来てくれた吉野さんにサプライズを仕掛けようと、生徒皆で会議をしました。1か月遅れの、誕生日サプライズに決めました。開催地は、スワンナプーム市から車で20分ほどのボーパンカンというところ。
2人の生徒と一緒にちょっと観光するだけ……と、思いきや、実は現地には他の生徒が沢山待っていて、ケーキとともに駆け寄っていくというこのサプライズ。途中連絡がつかない子も何人かおり、成功するのか?と最後までハラハラしましたが、無事に驚かせることができました。このために、家からはるばる40キロの距離を1時間バイクで疾走してきたという生徒もおり、タイの生徒のエネルギーと行動力、そして、その優しさに感動してしまいました。

バイクで駆け付けた生徒たちの写真
バイクで駆け付けた生徒たち。なんという格好良い登場でしょうか。
みんなで記念写真
最高の思い出になりました!

吉野さんの訪問を喜んだのは生徒だけではありません。町を歩いていると沢山の人が「帰ってきたの?」「会いたかったよ」と話しかけてきます。

また会いたいと思う人がいて、再会を喜んでくれる人が沢山いる。

いろいろなものを与えてくれるNP派遣だと改めて感じました。

Writer
タイ ローイエット
富樫 純子さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP