最新情報はこちら

タイへの感謝

こんにちは。チョンブリー・パナットニコム派遣の白井です。タイから帰国して1週間ほど経ちましたが、毎日タイが恋しいと言っています(笑)。

日本語パートナーズの役割の一つに“日本のファンを増やす”ということがあります。私は、それを達成するために10ヶ月間様々な授業やイベントを行いました。
今回が最後の投稿になるので、その一部を紹介しようと思います。

モソーラン節のメンバーの写真
派遣校初の大規模な日本語関連のお祭り(七夕祭り)でソーラン節を発表しました。
折り紙を手にした生徒たちの写真
折り紙で色々作りました。
恵方巻きを食べる生徒たちの写真
恵方巻きにチャレンジしました。
そばを食べる生徒たちの写真
そうめん、うどん、そばの食べ比べをしました。1番人気はうどんでした!
スイカ割りをする生徒たちの写真
大盛り上がりだったスイカ割り。声だけじゃなく手を引っ張って指示をしている生徒もいました(笑)

ごく一部ですが、以上のような文化紹介をしました。文化紹介によって生徒が日本に対して親近感を持ってくれたり、関連する日本語を覚えてくれたり、いい反応があってとても嬉しかったです。また、私自身も自分の母国である日本について知らないことが多いと気づきました。外から見ることによって、日本の良さを見つめ直すことができました。

反対に私もタイについてたくさん学ばせてもらいました。
タイ人は皆さん本当によくしてくださり、たくさんのお兄ちゃん、お姉ちゃんができたみたいでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

生徒たちの写真1
生徒たちの写真2

皆さん本当に優しいです。

チャチュンサオ県での写真
隣県のチャチュンサオ県に連れて行ってくれたこともありました。
同期のNP(日本語パートナーズ)との写真
同期のNP(日本語パートナーズ)にもたくさんお世話になりました。

ここで先生方や生徒、地元の方に出会えたことは大切な思い出です。これからもこの縁を大切にして、日本の家族や友人に素敵なタイのことを伝えたいです。

日本式とタイ式のコラボレーションの写真
日本式とタイ式のコラボレーション
空港での写真
パナットのNPになれて良かったです。ありがとうございました。
Writer
タイ チョンブリー
白井 亜紀さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP