最新情報はこちら

来世はバリ人になりたい

こんにちは。バリ島東部クルンクン県派遣の大口智実です。初対面のバリ人と話すと、よく「どのくらい住んでるの?」と聞かれましたが、その答えが、「まだ1か月、2か月……」と増えていき、ついに「もう7か月」となるまで、本当にあっという間でした。活動期間が後半になるにつれ、「バリ人に見える」と言われることが増えていった私ですが、今では「来世はバリ人になりたい」と思っているほどです。バリで暮らす日本人ではなく、バリ人として生まれたいです。

バリの学校には、バリ語や文化、バリヒンドゥーの授業があります。生徒たちは毎朝お祈りをして、授業の最初と最後にもお祈りをします。

目を閉じてお祈りをする生徒たちの写真
朝のお祈り

満月と新月の日には学校のお寺でお祈りをし、毎週木曜日には伝統的な衣装を着て登校します。学校の活動でバリ舞踊をしたり、ガムランを演奏したりします。

学校のお寺でお祈りの写真1
学校のお寺でお祈りの写真2
学校のお寺でお祈りの写真3
学校のお寺でお祈り。準備もします。
お揃いの伝統衣装を着た女子生徒たちの写真
伝統的な衣装で登校する日に、お揃いのクバヤを楽しむ女の子たち
ガムラン・バリ舞踊の練習の写真1
ガムラン・バリ舞踊の練習の写真2

学校でガムラン・バリ舞踊の練習をしています

日本語の授業でも、「趣味はなんですか」を勉強するとき、必ず「趣味はダンスです」という生徒がいます。「毎日の生活」を勉強するとき、「朝5時にお祈りをします」という文がでてきます。活動のいたるところで、バリ人の生活とバリ文化・バリヒンドゥーが密接に繋がっていることを感じました。

お供え物の準備をする生徒たちの写真1
お供え物の準備をする生徒たちの写真2

お祭に向けて、クラスごとにお供え物の準備

日本の伝統文化や宗教を意識することがあまり無く、着物を着たりお寺に行ったりすることが、特別になってしまっている私にとって、それは不思議な感覚でした。伝統文化や宗教が当たり前のように日常にある生活ってどんなものなんだろうと興味がわきました。だから私は、生まれ変わったらバリ人になりたいと思ったのです。

伝統的な衣装を着た生徒たちの写真
伝統的な衣装の日は、とても華やかです

日本のファンを増やしたいと思って、日本語パートナーズの活動を始めました。7か月経ってみたら、バリ人になりたいと思うほど、すっかり私がバリのファンになっていました。今回バリで出会った皆さんにまた会えることを信じて、これからはバリパートナーズとして頑張ります。

教室で撮影した生徒たちとの集合写真
10年生(高校1年生)のクラスで、最後の授業
教室の装飾の写真
各教室の装飾も、バリらしくてとても素敵
Writer
インドネシア バリ州
大口 智実さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP