最新情報はこちら

「台湾の食を楽しむ」

新竹の特産はビーフンです。ビーフンはまず米の粉を団子状にして蒸します。これを麺状にして乾燥させますが、この段階で「風の街」と呼ばれる新竹の強い風が活躍します。町では薄味スープの米粉麺やこれにタロイモを入れたもの、ニンニク味を効かせた炒めビーフンなどが見られます。

ビーフン販売の専門店の写真
街中にはビーフン販売の専門店がいくつもあります。
全身ビーフンで出来たシロクマの人形の写真
ビーフン作り体験農場で見た全身ビーフンのシロクマです。
野菜炒めビーフンの写真
これは家庭料理の野菜炒めビーフンです。ちなみにビーフンは、閩南語(台湾語)でも日本と同じくビーフンと呼ぶと教えてもらいました。

台湾で生活するなら、朝ごはん屋さんのような地元の人が行く店に行けたら一人前です。しかし、私にとっては言葉の壁が大きく気後れしてしまい、しばらくの間の難題でした。知り合いが「安いしおいしいし、まだならぜひ!」ということで連れて行ってくれました。観光で訪れる有名どころの小籠包はもちろんおいしいですが、小さな店もコスパと味で負けていません。この雰囲気を経験してからは敷居が少し低くなり、早めのお昼などで立ち寄れるようになりました。割とよく食べるのが小麦粉と卵焼きに好みの具を入れて巻いて焼いた蛋餅です。ほかにもパイのような焼餅や、いろんな具が入ったおにぎりやサンドウイッチです。これとセットで豆乳を買っています。

台湾料理の写真
パイのような焼餅(中身は甘かったり、肉野菜系だったり)、小籠包、豆乳やライスミルク、大根餅、中央は細長いおむすびです。
半分に割ったおにぎりの写真
具は茶卵、肉のふりかけ、油條、刻んだ高菜などで、二食分はある大きなおにぎりです。
牛肉ケンピンの写真
葱と肉をまいてロールにした牛肉捲餅です。

それから臭豆腐についてです。匂いは独特ですが、食べられないこともなく日本の厚揚げの煮物のような感じで食べました。コラーゲン豊富と言われる鶏の足(手?)、豚の皮部分など、躊躇しそうな食べ物もせっかくの機会なのでチャレンジ!結果はまあまあOKでした。

台湾料理の写真
右の奥が鶏の足(手?)、 手前の薄紫のものはタロイモで、甘く煮てありました。
台湾料理の写真
右が臭豆腐、左は日本風の味噌汁です。

最後に大好きな台湾の果物です。サクサクとした食感の蓮霧(れんぶ)や棗(なつめ)は初めてですが気に入りました。そしてこれからが季節のマンゴーなど、たくさん食べたいと思います。どこにいても食べることは楽しみで、元気が出ます。また食べることをきっかけとして現地にも溶け込めるように感じています。

ランブータンの写真
ランブータン、中身はつるんとしています。種が大きくて食べにくい!?
マンゴーの写真
手のひらより大きなマンゴーです。日本人に有名な愛文だけでなく、いろいろな種類があるそうです。右は黒香、外は緑でも中身はオレンジ色です。左は金煌というそうです。
未熟なマンゴーを塩漬けにして凍らせたものの写真
芒果青で、情人果ともいうそうです。高雄出身の方から、こんなマンゴーの食べ方もあるということで、未熟なマンゴーを塩漬けにして凍らせたものをもらいました。甘酸っぱくて、サクサクと冷たくておいしいです。
Writer
台湾 新竹
鈴木 三枝子さん

この人の書いた他の記事

台湾の記事

よく読まれている記事

PAGE TOP