最新情報はこちら

ベトナムのバイクを見たまま・感じたまま

ベトナム生活も、残すところ1か月余り。約9か月間暮らしてみて、現在まで変わらないベトナムの印象の一つに「ベトナムはバイクの国である」というのがあります。
今回は、ベトナムのバイクについて、見たまま、感じたままを、書いてみました。

1.生徒たちも、普通にバイクを利用している!

ヴィエットドック高校の下校時の風景の写真
これは、週2回通うヴィエットドック高校の下校時の風景。歩道はバイクであふれています。親が迎えに来る生徒もいますが、大半は自らバイクや電動自転車を運転して帰ります。すぐ前にバス停もありますが、バスを利用して帰宅する生徒は少ないようです。
バイクで帰宅する生徒たちの写真
生徒達は軽々とバイクにまたがり帰って行きます。
日本語パートナーズが帽子に付けているキャンペーン・バッジの写真
「ヘルメットをいつも被ろう!」私が帽子に付けているキャンペーン・バッジ
安全のため、ヘルメットは必ず被って欲しい、といつも願っています。

2.禁じられた乗り物「セーオム」

日本語パートナーズ(NP)に禁じられた乗り物の一つにバイクタクシーがあります。バイクタクシーは、ベトナム語で「セーオム」といいます。「セー」は「車付乗り物」、「オム」は「抱きかかえる」の意で、「セーオム」とは「抱きつきバイク」のことです。ところが、運転手にしっかり抱きついている姿をほとんど見かけません。

バイクタクシー「セーオム」の写真
スカート姿で「お嬢さん乗り」しています。この娘はまた「横乗りスマホ」しており、危ない感じです。この緑ジャンパー&ヘルメットのセーオムは配車アプリGrabで呼ぶことができてとても便利ですが、NPは利用してはいけないことになっています。

3.華麗なる「くノ一」(女忍者)たち

バイクに乗る女性たちは、紫外線から肌を守り、汚染大気から喉を守るため、完全武装し、この姿は「ニンジャ」とも呼ばれています。華麗なる「くノ一」は、ドレスやアオザイを「ニンジャ」衣装で包み、ハイヒールを履き、すらりとした足をチラリと見せながら風の様に疾走します。

「ニンジャ」と呼ばれる姿でバイクに乗る女性の写真1
「ニンジャ」と呼ばれる姿でバイクに乗る女性の写真2
「ニンジャ」と呼ばれる姿でバイクに乗る女性の写真3

カウンターパート(CP)の先生たちも大概「ニンジャ」姿で学校にやってきます。

「ニンジャ」姿のCPのN先生の写真
CPのN先生の「ニンジャ」姿。最初、ヘルメットを取るまでN先生であることが判りませんでした。

4.歩行者にやさしくない歩道……バイク駐車場!

私は毎日1万歩を目標にベトナムを歩いています。ハノイの街は歩道がよく整備されていますが、実はこの歩道は結構歩き難い。最大の理由はバイクの歩道内駐車です。また、歩道に張り出したカフェやレストラン等も歩き難い原因です。歩道を直線で歩けず、バイクや人をよけ、ジグザクと歩くので、大変です。

バイクの歩道三重駐車の写真
歩道三重駐車の例。歩行者が歩ける幅はとても狭く、この狭い歩道を頻繁にバイクも走るので注意は必要です!
歩道食堂・レストランのオープンテラスの写真
歩道食堂・レストラン。オープンテラスの客の間をすり抜けて歩きます。

5.バイク6人乗りでも無違反?……ベトナムの家族の絆は固い

バイクの定員は2人ですが、道交法に抜け道があり6人乗りでも違反にならないそうです。
定員2人とは大人2人で、子供は数に入れない。父母2人の間に2人、前後に1人ずつの子供、計6人が楽しそうに乗っている姿を見たことがあります。
「ああ、ベトナムの家族、絆固し!」感動しました。

Writer
ベトナム ハノイ
石井 誠一さん

この人の書いた他の記事

ベトナムの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP