最新情報はこちら

「ドラえもん寺?地獄寺?スパンブリーの魅力!」

はじめまして。タイのスパンブリーに派遣されている山木桃香と申します。

今回は、私が派遣されているスパンブリーのちょっと変わったお寺を紹介させていただきたいと思います。

その前に、スパンブリーってどこなの?と思われる方がほとんどだと思います。
スパンブリーは、バンコクから北へ車で約1時間半のところにあり、自然豊かでありながら、お店も充実していてとても住みやすい街です。
最近では、その住みやすさから人口や車も増えてきているそうです。

では、スパンブリーにあるお寺を2つご紹介します。
まず一つ目は、ワットサンパシウというお寺。通称“ドラえもん寺”と言って、このお寺の中の壁画にドラえもんが隠れているんです。

実は私は大のドラえもんファンで、このワットサンパシウは、私が日本語パートナーズに応募する前、タイについて調べていた時に知りました。
タイに来たら絶対にスパンブリーに行こう!!と心に決めていたのですが、派遣先に決まった時はさすがに“運命”だと感じました。

風景写真
お寺の中です。天井がきらびやかでとても綺麗です。
風景写真2
さて、ドラえもんはどこにいるでしょうか?

次に紹介するのは、“ワットパイロンウア“通称”地獄寺”と言われています。
バンコクからもツアーが組まれるほど、ある意味有名なお寺です。

このお寺の中には、グロテスクなオブジェが並んでおり、まさしく地獄絵図が広がっています。
“罪を犯した者はこうなってしまう“というのが見て伝わってきますね。

風景写真3
胴体がありません。少し笑ってしまいそうになるオブジェですね。
風景写真4
体は人間ですが、顔が動物に変わってしまっています。

私は、死後の世界について考えたことがなかったのですが、ここに来ると悪い行いをしてはダメだなと思わされました。

みなさん、スパンブリーのお寺はどうでしたか?
是非みなさんも行ってみてはどうですか?

Writer
タイ スパンブリー
山木 桃香さん

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP