最新情報はこちら

私たちの制服を見てください

今回の文化紹介は日本の制服についてです。
まずは、パワーポイントを使って、日本の制服クイズ。
「全問正解者には、プレゼントがあります!」
と言って日本から持参した昔話シリーズのシールを見せました。
ささやかなプレゼントですが、生徒たちはみんな張り切っています。

クイズを考えながら、日本の制服の特徴や、その背景、高校の校則なども紹介しました。
クイズの正解、不正解に一喜一憂しながらも、みんな楽しく考えてくれました。
もちろん、制服の試着もします。
当然、ここが一番盛り上がります。
私の高校では男女別々に授業を受けています。
男子クラスでは学ランを、女子クラスではセーラー服を試着します。

学ランを着た男子生徒の写真
セーラー服を着た女子生徒の写真

男子は女子のセーラー服を見ると、恥ずかしそうにしながらも満面の笑みです。
女子はセーラー服だけでは物足りず、学ランも試着してみました。
学ランを着た途端、まわりの女子たちから歓声上がります。

学ランを着た女子生徒の写真

この文化紹介を通して生徒のみんなに考えてほしかったことは、『インドネシアの制服、そして自分の高校の制服の良さ』についてです。
そのことを生徒に問いかけると、
「バティックを着ていく日がある」
―毎週金曜日は「バティックの日」で、生徒も先生もバティックを着用します

バティックを着た生徒たちとの集合写真

「曜日によって制服が違う」
  ―月・火曜日は水色、水・木曜日はオレンジです。

水色のヒジャブを着た女子生徒たちの写真

「制服の色がきれい」
  ―日本の制服はかわいいけど色が少し単調に見えるようです。
と答えます。
さらに、「自分たちの高校の制服には校章が入っている」と誇らしげに見せてくれました。
制服にはもちろん、ベルト、靴下、ヒジャブ(頭部を覆う布)にまで校章が入っています。

オレンジ色のスラックスをはいた男子生徒の写真
オレンジ色のヒジャブを着た女子生徒の写真
ヒジャブの後ろ姿の写真

得意気に見せてくれる姿に、私は嬉しくなりました。

そして授業の最後は、折り紙で名札作り。
花びらの上に自分の名前をひらがなやカタカナで書きました。
名札を胸に刺して、お決まりのフォトで締めくくりました。

折り紙を折る生徒の写真
真剣に折り紙を折る生徒たちの写真
名前が書かれ完成した折り紙の写真
折り紙を手に持った生徒たちの写真
Writer
インドネシア 東ジャワ州
槌谷 雅子さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP