最新情報はこちら

タイで中国オペラ祭り!?

こんにちは!

僕のいるマハサラカーム県では、「ンガーンギウ」と呼ばれる中国のお祭りが1週間開かれていました。「ンガーン」が祭り、「ギウ」が中国オペラという意味です。

仮面のような舞台メイクをした俳優の写真
お祭りで行われていた「ギウ」。

お祭りと言っても、マハサラカーム県では毎週末ナイトマーケットが開かれています。道路を交通止めにして路上に開かれたお店には食べ物や服、おもちゃ、ペットが売られています。日本人の僕からすると、毎週末開かれるナイトマーケットも年に1度のお祭りも同じようなもの。しかし、このお祭りが異常な大盛り上がりを見せていたので、じっくり探検してみました!

屋台が並ぶ道路の風景写真
ナイトマーケットの様子。空が綺麗ですね。
夜が更けて混雑したお祭りの様子の写真
「ンガーンギウ」の様子。この人混みがずっと続きます。

お祭りの楽しみ方は「食べ歩きや買い物をして写真を撮って夜ご飯を買って帰る」。生徒から学びました。

まずは食べ歩き。普段出会えない食べ物を食べたかった僕。「ひよこの丸焼き」を初めて見たので生徒と一緒に食べてみました!先に生徒に食レポをお願いすると、「コリ」と一言。コリコリしていると思い食べてみると、肝のような臭みがとても強かったです。因みに骨もガリガリ全て食べることができ、「コリ」は骨の食感だったのかな?と思いました。

食べ物の写真
「ひよこの丸焼き」生徒たちはお菓子感覚で食べていました。
タピオカを見せる生徒の写真
隣の学校の生徒がタピオカを売っていたので生徒の分も一緒にたくさん買いました。
屋台に並んだフルーツの写真
初めて見たジャックフルーツ。不思議そうに見ていると「味見していいよ!」と、優しいお兄さんがくれました。

次は買い物。生徒たちは鼻息を荒くして、俳優やアニメのグッズを買っていました。「靴が疲れる」と、サンダルを買ってその場で履き替える生徒も。「お祭りの買い物は特に特別なものないなー」と思っていると、なんとメガネ屋さんを発見!色々な疑問がありますが、いつか僕もお祭りで作ってみたいです!

めがね屋さんの写真
しっかり視力を測って作っています。お店のお姉さんも真剣な表情。
道端でダンスを踊る生徒と募金箱を持つ生徒の写真
踊って募金を募る僕の学校の生徒たち。

最後に夜ご飯を買って帰ります。これを買うために来たと言っても過言ではない、お祭り限定「サバ弁当」!!!夜ご飯と次の日の朝ご飯用に2つ買って帰宅。日本顔負けの味でホームシックもこれで解消です!

屋台の写真
大人気のサバ弁当。すごい行列ですね!

ナイトマーケットと大きな違いは特にありませんでしたが、僕はつい3回も行ってしまいました。このお祭りがみんなに愛されて楽しまれている理由がわかり、マハサラカーム県の一員にやっとなれた気がして、なんだか嬉しい気持ちになりました!

生徒との記念写真
生徒と一緒にパシャリ!
Writer
タイ マハーサーラカーム
渡邊 太一郎さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP