最新情報はこちら

海と果物と宝石と大聖堂の街、チャンタブリー

こんにちは。タイ東部のチャンタブリーに派遣されている大竹春菜です。
実は、チャンタブリーにNP(日本語パートナーズ)が派遣されるのは今期が初めて。日本人にはあまり知られていないところですが、タイ人に人気の観光地なんです。今回は、そんなチャンタブリーの魅力を紹介します。

チャンタブリーはバンコクからバスで南東に4~5時間のところにあります。
タイに来る前、タイ人の友人に「チャンタブリーに行く」と伝えると、口を揃えて「果物がおいしいよ」と言われました。チャンタブリーはトロピカルフルーツの名産地。5月にはフルーツフェスティバルも開かれます。

街なかでの記念写真
マンゴスチンやランブータンの形をした椅子
マンゴスチンを手に持つ生徒の写真
旬の時期には生徒が袋いっぱいのマンゴスチンをよく持ってきてくれました。

街のシンボルは、大聖堂。お寺が多いタイの中で、教会がシンボルだなんて変わった街だな……とタイに来る前は思いました。学校の近くなので何度か行ったことがありますが、タイにいることを忘れる西洋的な美しさです。

この大聖堂に向かう道は川沿いのオールドタウンになっていて、休日はタイ人の観光客がカメラを片手にレトロな街並みを楽しんでいます。

教会の外観の写真
タイ最大と言われるフランス様式のカトリック教会
教会の内観の写真
教会の中はピンクの壁でかわいらしい雰囲気です。
街なかの通りの写真
オールドタウン。ヨーロッパ風の建物もあります。
街なかの風景写真
風情ある川沿いの住宅。オールドタウンの裏側です。

オールドタウンを抜けると、国際的な宝石市場があります。チャンタブリーは宝石の街としても有名で、週末になると世界各国からのバイヤーが取引を行っています。通りに建ち並ぶ宝石店はとても魅力的です。

出店の様子の写真
宝石通りの様子。加工前の原石も売られています。
宝石店の店員とやり取りする日本語パートナーズの写真
他県のNPも宝石を見にチャンタブリーまで来てくれました。
宝石店の様子の写真
いたる所で宝石の鑑定や値段交渉が行われています。

そして、私の1番好きなところは海が綺麗なスポットがたくさんあるところです。大自然をバックに撮った写真は日本の友人に自慢したいほど綺麗で、お気に入りです。

海が広がる絶景をバックに撮影した記念写真
海が一望できる Sky View Cafe
海岸沿いの道路が見える風景写真
チャンタブリーで一番きれいな道と言われるNoen Nangphaya Viewpoint

これまで、他県のNPや日本からの友人が何人かチャンタブリーを訪れてくれました。初めは「チャンタブリーに来ても何もないよ」なんて言っていましたが、他地域から来た友人とチャンタブリーを観光すると住んでいては気付かなかった魅力に気付くことができ、どんどんチャンタブリーが好きになっていきました。
日本人はなかなか来ない穴場スポット。タイに来る機会があったら、バンコクから少し足を伸ばしてチャンタブリーもいかがですか?

チャンタブリーの名所がえがかれた看板の写真
魅力がたくさんチャンタブリー
PAGE TOP