最新情報はこちら

ロイクラトン発祥の地

こんにちは!バンコクから飛行機で約1時間、タイ北部のスコータイ県サワンカローク市に派遣されている椎葉です。スコータイに来てからあっという間に半年以上が過ぎました。今回はタイの三大祭りのうちの一つと言われる「ロイクラトン」というお祭りについて紹介します。

ロイクラトンは毎年11月にタイ全土で開催されますが、ここスコータイはそのロイクラトン発祥の地と言われているそうです。

風景写真
普段のスコータイ歴史公園

スコータイで1番大きなロイクラトンのお祭りは、世界遺産にも登録されているスコータイ歴史公園で行われます。期間中はタイ国内外から多くの人がやってくるそうで、いつもののどかなスコータイとは打って変わって、沢山の人で溢れていました。

風景写真2
ロイクラトン期間中の歴史公園。本当に沢山の人がいました

期間中は毎日イベントやショーが行われていて、広い歴史公園の中では様々なステージやナイトマーケットが開かれていました。遺跡はライトアップされていてとても綺麗です。

風景写真3
ライトアップされた遺跡

そしてこのお祭りのメインイベントは『クラトン(灯篭)を水の精霊に感謝の気持ちを込めて川に流すこと』で、私もロイクラトン当日(今年は11月11日)にCP(カウンターパート)の先生や同じ職員室の先生方と家の近くの川にクラトンを流しに行きました。

風景写真4
好きなクラトンを選びます。支払いは気持ちの分をお寺に寄付するというスタイルでした
風景写真5
お願い事をして流すと願いが叶うのだそうです

ロイクラトンはスコータイに派遣される前に、タイについて調べた時から知ってはいたのですが、想像していたよりもとても大きなお祭りでした。

また、お祭りの会場にいる時に「こんにちは!」と学校の生徒やよく行くご飯屋さんのオーナーが、人込みの中から偶然見かけた私に日本語で挨拶してくれました。なんだか自分もこの街に馴染めたような気がして、とても嬉しかったです。

ぜひみなさんもスコータイのロイクラトン、参加してみてくださいね!

風景写真6
一緒にお祭りに参加したCPの先生、同じ職員室のタイ人や外国人の先生達と
Writer
タイ スコータイ
椎葉 晴香さん

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP