最新情報はこちら

気球花火と観覧できない観覧車

アーロンゴーミンガラーバーカミャー

皆さんこんにちは。ミャンマーのマンダレーにあるマンダレー外国語大学で日本語パートナーズをしている宮下拓也です。

前半の授業が9月に終わり、10月、11月と学校はお休みでした。
あれだけ、少し休ませてくれと思うくらい忙しかった授業がなくなると、とても寂しく、授業は大事な時間だったのだなあと思っています。

その間の休みの日を使い、ミャンマーのタウンジーという所で行われた、タソンタイプエドーというお祭りに学生と一緒に参加しました。
「タソンタイ」はミャンマーの11月の名称、「プエドー」は祭りという意味です。

夜なのに明るく、人々でにぎわっている様子の写真
祭りの様子

この祭りを一言で表すならば「気球花火祭り」

気球に花火をこれでもかと括り付けて、花火を打ち上げながらぷかぷかと浮かんで行くのです。なので、日本みたいに1回打ち上げたら、1回しか、花火の花が咲かないのではなく、気球の花火は空の上で目に見えなくなるまでずっとパンパンと花火の花が咲き続けます。

本当に綺麗でした。日本が花火1番綺麗な国だ、と思っていましたが、違うものなのですね、ぼくの感想ですが。

夜空で大きく咲く花火の写真
気球の花火

しかし、この祭り少し危なく、僕がいるときには大きな火事はありませんでしたが
花火が結構降ってくるので火事も起こるそうです。

花火がくくりつけられた気球を見守る消防士さんの写真
いつ火事が起こってもいいように消防士さん待機

そしてこの祭りは気球の花火だけではありません。この周り一体が全部お祭りになっています!

屋台でにぎわう通りの写真
祭りの入り口

屋台が数えられないほどあり、遊園地まで出張営業していました。

色々なアトラクションやバルーンが見える様子の写真
出張遊園地

その中で特に気になったものに乗ってきました。
それは、人力観覧車です。

イルミネーションがついた小さめの観覧車の写真
人力観覧車

男の人数人が、一気に観覧車の片側に体重をかけ、ぶら下がり、走って、ぶん投げます。

男性たちが生身で観覧車にぶら下がりまわしている様子の写真
観覧車を男たちがぶん回します

もうすごいです!

観覧車はゆっくりゆっくり回って景色を楽しむものですが、それどころではない!
ジェットコースター状態で、スピードがすごい、ずっと叫んでしまってしました。

しかし、この人力観覧車は小さいらしく、2倍ぐらいの大きさのものもあるそうです!
もっと大きなものを見つけたらのってみようかなぁ

Writer
ミャンマー マンダレー
宮下 拓也さん

ミャンマーの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP