最新情報はこちら

日本からの素敵なクリスマスプレゼント

タイは仏教国ですが、クリスマスも楽しみます。そのおおらかさがタイらしくていいなと思います。

12月に入ると町のあちこちにクリスマスのデコレーションやクリスマスツリーが飾られてとてもにぎやかな雰囲気になります。

12月24日クリスマスイブの日、高校時代の親友が娘2人を連れてタイを訪れ、日本からの素敵なクリスマスプレゼントを運んできてくれました。

浴衣着付け教室の様子の写真
中間テスト期間にも関わらず、たくさんの生徒が着付け教室に参加しました。

素敵なクリスマスプレゼントとはいろんな方が寄付してくださった浴衣や帯です。親友が呼びかけたところ「日本語や日本文化を学んでいるタイの生徒さんたちに使ってもらってほしい」と寄付してくださったそうです。

いろいろな柄の浴衣と帯の写真
いろんな方から譲っていただいた浴衣や帯

寄付していただいた浴衣や帯を使い、親友による着付け教室を25日クリスマスの日に行いました。日本語科の生徒たちにとって浴衣はあこがれの衣装だったので、生徒たちはたくさんの浴衣や帯を見て歓声をあげ大喜びでした。

彼女の丁寧な指導のもと、2人の娘さん、CP(カウンターパート)の先生方、実習生にも手伝ってもらいながら、生徒たちは自分で浴衣を着れるようになりました。

着付けの写真1
着付けの写真2
着付けの写真3
着付けの写真4
着付けの写真5
着付けの写真6
白無垢も着ました
浴衣を着てポーズをきめる男子生徒たちの写真

生徒同士で教えあったり、協力しあって帯を結んだり、助け合う姿が多く見られました。最後にはポーズを決めて写真を撮ったりしてとても楽しそうでした。

生徒たちのお礼状には、感謝の気持ちと日本語学習への意欲が述べられています。

イラストと日本語のメッセージが書かれたお礼状の写真1
イラストと日本語のメッセージが書かれたお礼状の写真2
生徒たちが書いたお礼状

会ったことがない日本の方々から浴衣や帯を寄付してもらったことで、生徒たちは日本により一層親しみを感じたようです。

浴衣や帯を譲ってくださった方、呼びかけをしてタイまで持ってきてくれ、着付け教室まで開いてくれた親友と娘さん2人には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

浴衣や袴を着た生徒たちの集合写真
Writer
タイ コーンケーン
嶋田 亜日香さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP