最新情報はこちら

リサイクルアートでコラボレーション!

みなさん、こんにちは!西スマトラ州のブキティンギという市に派遣されている伊原瑞穂と申します!ブキティンギは観光地として有名で、とてもすてきなところです。しかし、道端にゴミが投げ捨てられているのをよく目にします……。

道端に捨てられたゴミの写真
移動中の様子

捨てるものを何か別のものとして再利用できないか、と日々考えていたところ、カウンターパート(CP)の先生から「きめこみ」の話を持ち掛けられました。
……というわけで!今回は日本語クラブで行った日本の伝統的なリサイクルアート、「きめこみ」について少し紹介したいと思います。

布で着物女性の後ろ姿を表現したきめこみの写真
きめこみの作品です!これを日本語クラブでつくります

【材料調達編】 
きめこみは、本来であれば捨ててしまう布の切れ端を材料として使います。布の切れ端を求めて、まずは仕立て屋さんへ向かいました。実はこの仕立て屋さん、歴代の“日本語パートナーズ”ご用達のお店なのだそう。仕立て屋の店主さんは「どうせ捨てるから」と大量の布の切れ端を譲ってくださいました。インドネシアの伝統的な布であるバティックの切れ端もいただきました。

仕立て屋さんで布を出してもらっている写真
次から次へと出てきます……

【試作編】
実は、CPの先生の口から「きめこみ」という言葉を聞くまで、私はその存在を知りませんでした。ですから、0の状態からのスタートでした。試行錯誤を重ね、CPの先生の協力のもとになんとか形にするまでに至りました。ほっ……。

きめこみの材料の写真
材料たち

【日本語クラブ編】
来たる当日、生徒達は思い思いの布を選んで制作にとりかかりました。

各自、布を選んでもらっていく様子の写真
布の争奪戦。激戦です笑

下絵は、桜・富士・着物の3点を用意しましたが、自力で下絵を描いた生徒もいました。
工程が多く、集中力を必要とする作業でしたが、生徒達は一生懸命に取り組んでくれました。

きめこみを作る様子の写真
作業中

そして完成したのはオリジナリティにあふれる作品たち!!

完成したいろいろなきめこみの写真
完成!個性が光っています!

リサイクルをテーマとして始めた活動でしたが、結果として、日本の文化である「きめこみ」とインドネシアの文化である「バティック」のコラボレーションとなったことに、文化の架け橋の可能性を感じました。完成した作品を家に飾って、日本のことをたまーに思い出してくれると嬉しいな~。

Writer
インドネシア 西スマトラ州
伊原 瑞穂さん

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP