最新情報はこちら

医者に会いに行きましたか?

今回は健康と医療というテーマで、私の経験についてお話します。

私は赴任してから今までの間、幸いにも病院に行ったことはありません。最初のころは避けていた辛い食べ物も、今では好んで食べています。放課後には、生徒や先生とバスケットボールやバトミントンをしています。毎日を楽しみながら、健康に暮らしています。

しかし、タイに来てから2回だけ2,3日は何も食べられないぐらい、おなかを壊したことがあります。1回目の原因はおそらく、塩漬けの沢蟹が入っている辛いソムタム(タイのパパイヤサラダ)をたくさん食べたこと。2回目の原因は、火が通り切っていなかった豚の腸の焼き肉を欲張って食べすぎてしまったことです。どちらも、学校の先生たちの家で一緒に作ったものなので、屋台などが原因ではありません。しかし、それ以来は食品が衛生的かどうかをちゃんと考え、危なそうなものは食べないようにしています。

料理の写真
塩漬けの沢蟹が入ったソムタム。独特の味がしておいしいです。食べ過ぎは禁物。

おなかを壊した時に、一番役に立ったものは、日本から持ってきた薬でした。もちろんタイの薬局に行けば、どんな種類の薬でも手に入ります。しかし、タイで飲んだことがない薬を飲むよりも、日本の薬の方が安心できます。持ってきてよかったと感じています。

胃腸薬や胃薬の写真
日本から持ってきた薬。日本語パートナーズ(NP)の活動のとても心強い味方です。
タイの経口補水液の写真
おなかを壊したときにタイ人の先生方にお勧めされたもの。水に薄めて飲む経口補水液ですが、オレンジジュースの味です。
タイの薬局の写真
赴任地は田舎ですが、薬剤師がいる薬局があります。タイ人の方も大体の体調不良は、薬で解決します。

おなかを壊したときは、学校こそ休まなかったですが、NPは健康第一だと改めて実感しました。体調が万全でないと、活動にも集中できないし、なにより先生方や生徒たちに心配をかけてしまいます。カウンターパートの先生にしか体調を崩したことを言わなかったはずなのに、なぜか次の日には会う先生、生徒みんなに知れ渡っており、「先生おなか元気?医者に会いに行きましたか!?」と聞かれてしまいました(笑)。ちなみに医者に会いにいくとは、病院に行くというタイ語の言い方です。
残り僅かの赴任期間も、万全の体調で一日も欠かすことなく過ごしていきたいです。

病院の外観写真
赴任地の公立病院。暑いので扉はなくオープンです。タイ人は一度の診療や治療につき、約100円で受けられる制度があります。
インスタント食品の写真
セブンイレブンで売っているおかゆ。約40円です。おなかの調子が悪いときはこれを食べています。
料理の写真
お気に入りのタイ料理。カーオカームーという、豚足を柔らかく煮たものです。
料理の写真
大好きな焼き魚。とても大きくておなかいっぱいになります。約300円です。
Writer
タイ スリン
若林 光虎さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP