最新情報はこちら

「飛んで行け 飛んでみよう」

日本語パートナーズ(NP)としての活動がもうすぐ終わりを迎えます。タイ・コーンケーンで過ごした日々はかけがえのないものになりました。最初は場所も名前さえも知らなかったコーンケーンが今では大好きな場所になりました。これは素敵な人たちとの出会いのおかげです。あと2週間で日本に帰ることを考えるととてもさみしく離れがたい気持ちになります。

現地で活躍する日本語パートナーズの写真
コーンケーンのお祭りで生徒と一緒に踊りました
現地で活躍する日本語パートナーズの写真2
福岡の高校生と手紙交換をして交流しました
現地で活躍する日本語パートナーズの写真3
Show & Tellのスピーチはみんなとても上手でした

何よりもさみしいのは私の日常生活となっている生徒たちや先生方と過ごす時間がなくなることです。この10か月、生徒たちや先生方と一緒に日本語や日本文化について学んだり、日本語のコンテストに向けて取り組んだり、いろんな場面で生徒が活躍している姿を見ることができて、とても充実した日々を過ごすことができました。

現地で活躍する日本語パートナーズの写真4
市内の学校と年賀状を交換し、LINE電話をしました
現地で活躍する日本語パートナーズの写真5
カウンターパートの先生とのTeam Teachingではお互いのアイデアを出し合いながら授業づくりを行うことができて楽しかったです
現地で活躍する日本語パートナーズの写真6
さまざまな日本語のコンテストに向けて生徒たちや先生方と一緒に頑張った時間もとてもいい思い出です
現地で活躍する日本語パートナーズの写真7
前期と後期で2回漢字コンテストを行いました。たくさんの生徒が高得点をとることができてとてもうれしかったです

悩むこと、不安になること、自信をなくすこともありましたが、生徒の優しさや笑顔に触れ、生徒と話したり、生徒が頑張っている姿を見たりすることで元気づけられました。生徒たちは私の活力の源でした。彼らを見ていると私も頑張ろうという気持ちになりました。

1月26日コーンケーン国際マラソンに参加し、フルマラソンを完走することができました。コーンケーン市内を走りながら、コーンケーンで過ごした日々を思い出していました。ここでの思い出はこれからの私を支えてくれる大きな力となってくれるような気がしています。

現地で活躍する日本語パートナーズの写真8
M4(高校1年生)はいつも元気いっぱいです
現地で活躍する日本語パートナーズの写真9
漢字一文字を筆で書き、一人ひとり今年の目標を発表しました
現地で活躍する日本語パートナーズの写真10
365日の紙飛行機を歌った2人に聞きほれました
現地で活躍する日本語パートナーズの写真11
コーンケーン国際マラソンを走った後、コーンケーンのNP仲間と一緒に

先日、生徒がイベントで披露した歌「365日の紙飛行機」がとても心に響いたので紹介します。

「人生は紙飛行機。願い乗せて飛んで行くよ。風の中を力の限り、ただ進むだけ。その距離を競うより、どう飛んだか、どこを飛んだのか。それが一番大切なんだ。さあ、心のままに。365日。飛んで行け、飛んでみよう。飛んで行け、飛んでみよう。飛んで行け、飛んでみよう。」

どこに飛んで行くのかわからなかったけれど、飛んでみてほんとうによかったと思うNP活動でした。日本に戻ってからも生徒たちのことを応援していきたいと思います。

現地で活躍する日本語パートナーズの写真12
2月7日オープンハウスで日本語科は団子を作って売りました。生徒たちと過ごす時間が大好きです。
Writer
タイ コーンケーン
嶋田 亜日香さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP