最新情報はこちら

春節

みなさん、こんにちは。
台湾の台中に派遣されている真壁優です。
台湾では1月25日に旧正月・春節を迎えました。初めて台湾で過ごすお正月。
12月31日の新正月は正月の雰囲気は感じられませんでしたが、旧正月には赤い正月飾りのお店も多くなり一気に町の中がお正月ムードになりました。
自宅にも正月飾りを買いました。

風景写真
自宅の正月飾り

2月24日の大晦日には日本語の授業でのカウンターパートの先生のお宅に招いて頂き年越しを過ごしました。
先生のお宅では、先生手作りの「年菜」と呼ばれる年越し料理をご馳走になりました。
年菜では魚料理を食べました。「年年有餘」という四字熟語があり、「餘(=残る)」の発音は「魚」と同じで、毎年残る物があるという意味で食べるそうです。来年も豊かにお金が貯まるよう、財産を残すためにと全部は食べないそうです。
切らずにそのままの形で頂く鳥のスープ「全雞」には、円満、家族がバラバラにならないようにという意味があるそうです。

風景写真2
年菜
風景写真3
鳥のスープ

あちらこちらで新年を祝う爆竹が連日響き渡り賑やかでした。
お店の前にはお供え物が置いてあります。

風景写真4
お店の前のお供え物

派遣されている学校では私の日本の母校と、ベトナムにいる日本語パートナーズの学校の生徒さん方と年賀状交換をしました。

風景写真5
風景写真6
台湾の生徒が書いた年賀状

そして2月になっても、クリスマス飾りが飾られており、クリスマスと旧正月飾りが融合している台湾です。

風景写真7
風景写真8
クリスマスとお正月飾り
Writer
台湾 台中
真壁 優さん

台湾の記事

よく読まれている記事

PAGE TOP