最新情報はこちら

フィリピンのローカルな暮らしとちょっとした防犯対策??

こんにちは、そしてはじめまして。
日本語パートナーズとしてフィリピンのセブ島のダナオとコンポステラに派遣されています、鴨下慶之です。普段はGr.7、Gr.9 、Gr.10(日本の中学1年生、3年生、高校1年生)の日本語の授業をカウンターパート(CP)と一緒に担当しています。私は、セブ島といっても島の中心地からは少し離れた田舎の地域に派遣されているため、日々ローカルでディープなフィリピンライフを楽しんでいます。

派遣先の学校の写真
私が住んでいる地域「コンポステラ」。
派遣先の学校の写真2
家近くの大きな道路、この道がセブシティ(セブ島の中心地)へとつながっています。

具体的には、徒歩圏内にモールやスーパーはなく、この地域で日本人を見かけたことはまずありません。また、フィリピンでは公用語が英語なため、外国人相手には英語で会話してくれるものの、実際の日常生活において話される言語は現地語(私の地域ではビサヤ語)です。さらに私の場合は現地の方にフィリピン人だと間違えられているせいなのか、99%の確率で容赦なくビサヤ語で話しかけられます。その際の対応として私は、最初から外国人だと言うと、通常より多く料金を請求されたり犯罪のターゲットにされたりする可能性が高くなると思うので、知っているビサヤ語や顔の表情、ジェスチャーなどを駆使して日本人だとは言わずにフィリピン人のふりをして生活しています。(言っていることが全くわからずどうしようもない場合のみ日本人だと白状します……)そのため、普段利用するジプニーやトライシクルなどで運賃を多く取られたりすることはなく、家の近くの地元の方が利用するローカルの食堂にも1人で足を運んだりなど、身の危険を感じることなく過ごすことができています。

派遣先の学校の写真3
近所にあるBBQ屋さん、最初は少し抵抗がありましたが食べてみると値段は安くて味は美味しい!!

そんな地域で楽しく生活している活動期間も、この3月で終わりということで残りあとわずかです。帰国した際に自分で最高の日本語パートナーズ活動だったと思えるように、残された短い時間を悔いの残らないよう大切に過ごしていきたいと思います。(おまけとしてこれまでの活動の様子を写真で載せておくのでよろしければご覧下さい!)

派遣先の学校の写真4
初登校の日、日本語人みんなで歓迎してくれました。
派遣先の学校の写真5
初めての文化紹介「水書道」。写真を撮るのに時間がかかり文字がほとんど消えてしまった生徒も……
派遣先の学校の写真6
学校内で開催された日本語フィエスタ!コスプレやクイズ、巻き寿司作りなど色々なことをしました。
派遣先の学校の写真7
生徒一人ひとりにネームプレートを配り日本語で名札作りに挑戦!
派遣先の学校の写真8
みんなでキャラ弁作り、私も朝4時に起きて初めてキャラ弁に挑戦しました。
派遣先の学校の写真9
日本から持参した母校の制服を着てもらいました。ただ冬用の制服だったためちょっと暑かったかな……
派遣先の学校の写真10
私の誕生日をサプライズで祝ってくれました。これまでの人生で一番盛大に祝福してもらい本当に嬉しかったです!
派遣先の学校の写真11
年明け最初の授業でやった「福笑い」。授業後に生徒のいたずらでこんな顔に……
派遣先の学校の写真12
和紙の折り紙で手裏剣作り、急遽やった授業でしたが完成後はみんなとても気に入ってくれました。
Writer
フィリピン セブ島
鴨下 慶之さん

フィリピンの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP