最新情報はこちら

たくさんの方に支えられ

みなさん、こんにちは。
ノーンカーイ県に赴任していた池上瑞輝です。
日本を出発してから、早くも10か月が過ぎ、派遣期間を終了しました。
今回は、私を10か月間支えてくれていた人たちを紹介したいと思います。

沢山の頭をもったヘビ神の像の写真
派遣地ポンピサイにあるナーガ像

最初に紹介するのは、カウンターパート (CP)先生です。タイに来てからずっと一緒に活動していました。文化紹介やティームティーチングを行う時など、優しく、時に厳しく指導していただきました。プライベートでは、週末にノーンカーイ県の観光スポットに連れて行ってくれたり、夜ご飯を家で一緒に食べたりと、あらゆる場面でお世話になりました。先生たちは、自分にとってタイのお母さん的存在です。

池上さんの記念写真
タイのお母さん CPの先生たち

次は職員室の先生方です。普段の授業で関わることはありませんが、昼休みや放課後などにいつも気にかけてもらっていました。また学校で行われるイベントでは、同じ第二言語の先生として活動していました。

池上さんの記念写真
タイのお姉さん 職員室の先生たち

また、町の人たちにも感謝しています。自分の赴任地ポンピサイでは、日本人がとても目立ちます。いつも行く床屋のお兄さんや果物販売のお姉さん、そしてロットゥー乗り場(バス停のようなもの)のおじさんたちは簡単な日本語を覚えてくれ、会うたびに日本語で話しかけてくれました。そのため、ポンピサイの町全体が家族のように支えてくれました。

写真
いつもお世話になった床屋のお兄さん
写真
優しい果物屋さんのお姉さん
写真
いつもおまけをくれるカフェのマスター

もちろん同期の日本語パートナーズ(NP)にはいつも助けられていました。同じような環境や悩みの中で戦っているメンバーを見て、自分ももう少しだけ頑張ってみようといつも思うことができました。

池上さんと日本語パートナーズの記念写真
同期のNP、キャンプなどでは協力して活動していました
池上さんと日本語パートナーズの記念写真
最後まで本当に助けてもらいました!

NP活動は、楽しく充実した生活の反面、つらく大変な時もありました。ですが、たくさんの方々に支えられ、10か月の派遣期間を乗り切ることができました。これからも日本語パートナーズで学んだ経験を活かしていきたいと思います。また、支えてくれた人たちへの恩返しとして、多くの人がタイや日本に興味を持ってくれるように、自分の活動経験を発信していきたいと思います!

池上さんと生徒たちの写真
一緒に日本語を勉強し、一緒に成長したM2(中学2年生)
池上さんと生徒たちの写真
たくさんの経験を本当にありがとう!
Writer
タイ ノーンカーイ
池上 瑞輝さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP