最新情報はこちら

出会いと未来

中学生の頃、アメリカの音楽に興味を持ちカリフォルニア州への短期交換留学の経験があった私は、カリフォルニア州への強い憧れから大学を休学してロサンゼルスへ留学しました。そこで私の未来を大きく左右したのはアメリカ人ではなく、タイ人との出会いでした。彼らは私にとって初めてのタイ、タイ人。彼らとの出会いをキッカケにタイへの興味が沸いた私は、帰国してすぐにタイへ旅行してタイが大好きになりました。「彼らが日本人の私にタイを教えてくれたように、私もタイ人に日本を教えて好きになってもらいたい」という思いで、この日本語パートナーズに参加しました。

はじめは、タイ語も全く話せなければ、日本語教育の資格も持っていなかったのであまり自信がありませんでしたが、活動の中で少しずつ私に出来ること・出来ないことが見えてきました。そのため、「自分に出来ることを」を軸に10か月間、全力を尽くしました。

最後の授業が終わった日、赴任当初と現在を振り返ってみました。日本語で挨拶をしても逃げていた中学生は、私を見つけると跳び寄って来て日本語で「おはよう!」と、言ってくれるようになったし、高校生は日本への興味が大きく膨れ上がり、毎日日本についての質問を投げかけてくるようになりました。仲が良い先生や教育実習生は、「あなたの地元、北海道へ行ってみたい」と言い、年明けに本当に行ってくれました。

「生きている限り出会いは四方八方そこら中に広がっています。その出会いを一つひとつ大切にしていれば楽しい未来があります。まずは目の前の家族と友達を大切にして下さい」

これは生徒とのお別れで私が彼らに伝えたことです。今回の日本語パートナーズの活動で、学校の先生や生徒、他校に派遣されていた同期との出会いで私の未来は一層楽しく広がりました。「周りの人の今と未来を一層楽しいものに」私の思いはさらに大きく強く明るくなっています。10か月間、本当にありがとうございました!

渡邊さんと先生がたとの写真
お世話になったタイ人日本語教師のジェーン先生とヌイ先生。(左から)出会えて本当に良かったです。お世話になりました!
渡邊さんと現地のご友人との写真
ロサンゼルスで出会ったタイ人の友達とバンコクで再会。タイに住んでタイ語を話す私に大喜びしてくれました!次は日本で!
先生がたと日本食レストランで食事をしている写真
「私と一緒に日本料理を食べたい」と、校長先生が4年ぶりに日本食を食べました!
ボーイスカウトキャンプの写真
急遽、中学生のボーイスカウトのキャンプで女装して踊りました。中学生は殆どが日本語を学習していない生徒ですが、「せんせい、かわいい!」と、歓声が止みません。「自分に出来ることを」
現地の学生が北海道のお土産を手にしている写真
北海道へ旅行した実習生が北海道出身の私にお土産をくれました!「また必ず行く!」と、嬉しそうに話をしてくれました。
渡邊さんと学生たちの写真
前期は声を掛けても逃げていた中学生。気が付けば私の手を取って「早く教室に来て!」と言うようになっていました!
渡邊さんと学生たちの写真
赴任当初は誰も話さない静かなクラスでしたが、今では一番賑やかで落ち着きのないクラス。笑 来年度から上級生、先輩になった姿が楽しみです!
渡邊さんと学生たちの写真
この10か月で日本語も人としても大きく成長した高校2年生。これから最上級生として日本語クラスを引っ張って行く姿が想像できます!
渡邊さんがプレゼントしたアルバムを持って記念写真
一番人に優しい高校3年生。私も何度も助けられました。卒業式に参加できなかったので、少し早めに卒業アルバムをプレゼント。卒業おめでとう!!!
Writer
タイ マハーサーラカーム
渡邊 太一郎さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP