最新情報はこちら

ベトナム中部の戦争史跡

こんにちは。ベトナムのダナンに派遣されている中野弘則です。ある日、高校へ早めに着いて授業が始まるのを待っていた時のことです。生徒達が中庭で何か実習をしているのに気付きました。何だろうと思い近づいてみると、軍服姿の男性の前で生徒達が自動小銃を手にしていました。その傍らでは別の生徒が弾倉に弾を込めていました。ベトナムの高校には軍事教練があると聞いていましたが、実際に目の当たりにするとさすがにびっくりです。でも、私が思うに、長い間外国からの侵略を受け続け、30年近く戦って漸く独立を勝ち取ったベトナムの人達にとって、国民一人ひとりが国を守るという姿勢は当然のことかもしれません。

軍事教練の様子の写真1
軍事教練の様子の写真2
「自動小銃の扱い方を練習する生徒達」

ダナンと言えば近年リゾート地として有名ですが、ダナンにはもう一つ別の顔があります。ベトナムの国土は南北に細長い地形をしていますが、そのほぼ中央に位置するダナンは戦略上重要な役割を果たしてきました。1858年のフランスによるベトナム進出も、1965年のベトナム戦争へのアメリカの軍事介入も、いずれもダナン上陸から始まりました。また、ベトナム中部は国土を南北に分断した北緯17度線(軍事境界線)に近いことから、いくつもの激戦が繰り広げられました。そのため多くの“負の遺産”ともいえる史跡があります。ダナン市内には、ベトナム戦争中7人の子供らを亡くし、自らも戦争で命を失った母親の像と家族が暮らした家が今も残されています。

街中の銅像の写真
「ダナン市内に建つ勇敢な母親の像(Thanh Khe Valiant Mother Monument)」

ダナンからバスで1時間ほど行ったタムキー市郊外には、戦場に子供や夫を送り出した全国127千人の母親たちを称える記念碑がありますし、1968年に虐殺事件が起きたソンミ村は、ダナンから鉄道で2時間半ほど行ったクアンガイ市の郊外にあります。皆さんも機会があったら、是非これらの“負の遺産”まで足を運んでみてください。

池の横に彫られた銅像の写真
「ベトナムの英雄的母親達の像(Vietnamese Heroic Mother Monument)」
ソンミ村の入り口の写真
「ソンミ村跡地、今はきれいに整備され記念館が建っています。」
Writer
ベトナム ダナン
中野 弘則さん

この人の書いた他の記事

ベトナムの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP