最新情報はこちら

かけがえのない出会い

みなさんこんにちは!
タイ北部スコータイに派遣されていた椎葉です。
2月末に任期を終え無事日本へ帰国しました。
10か月ぶりの日本で、丁寧な接客や流せるトイレットペーパー、寒い天気などタイでの暮らしとの違いを改めて感じています。

タイでの日本語パートナーズ(NP)としての活動を振り返ってみると、たくさんの人との出会いに本当に恵まれた10か月間だったと感じています。
私の派遣校は、今回が初めてのNPの受け入れだったのですが、カウンタパート(CP)の先生を含め、私が所属していた外国語職員室の先生方は温かく迎え入れてくれました。
これまで、この今月の日本語パートナーズで紹介してきたことも、タイ人の先生方のおかげで私自身が経験できたことばかりです。

先生がたとの集合写真
私が所属していた外国語職員室の先生方。素敵な方ばかりです。
車の中で先生がたと撮影した記念写真
CPの先生と外国語主任と私。いつも3人でお昼ご飯や朝ごはんを食べに行っていました。私にタイ語の名前をつけてくれたのも主任でした。

そして、学校の中でも意外な出会いだったのが、他の外国人の先生方との出会いです。
年が近いこともあり、学校の後や休日は一緒にご飯を食べ、お互いの国の料理を教えあったり、長期休暇には一緒に旅行へ出掛けたりもしました。特に私の場合、同じ県内に他のNPがいなかったこともあり、身近に話せる良き相談相手でもありました。また、私が一番の年下ということもあり、同僚でありつつも時には私のことを妹の様に、時には娘の様にたくさんサポートしてくれました。派遣前はタイ人との出会いばかり想像していましたが、この出会いは予期していなかった素敵な出会いでした。

先生と肩を組んで撮った記念写真
外国人の先生方と。タイ人の先生からは“家族みたい”とよく言われていました。

また、学校の外では、昼ごはんや夜ご飯を買いに通っていたお店の方や、タイの先生方の家族など、たくさんの人が私のことを覚えてくださりました。

お店で料理をつくる店員さんの写真
お気に入りのパッタイ屋さんのおばあさん。帰国前には日本でも作れるようにと、作り方も教えてくれました。

日本へ帰国し、タイでの10か月を振り返った今、町全体で可愛がって頂いていたことをしみじみと感じています。NP活動を通して会ったたくさんの人との出会いに感謝を忘れず、また10か月間だけのものにせず大切にしていきたいです。

お別れの日に撮影した記念写真
スコータイを離れる日、空港まで見送りに来てくれました。
日本語パートナーズの同期との写真1
帰国前、久しぶりに会ったNP仲間。任地は違っても常に連絡を取り合っていました。
日本語パートナーズの同期との写真2
他のNPとの出会いもかけがえのない出会いとなりました。
Writer
タイ スコータイ
椎葉 晴香さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP