最新情報はこちら

ハノイご飯

私は、数年前から地元福岡にお気に入りのベトナム料理屋さんがありました。ここで食べたベトナム料理がとても美味しかったことも、私がベトナムへ行きたいと思った理由の1つでもありました。このお店で様々なメニューを食べ、ベトナム料理と自分との相性の良さに気づきました。

小さな丼物と麺類、おかずとデザートがセットになったメニューの写真
お気に入りの店のランチメニュー。ベトナム料理の優しく、どこか懐かしい味に魅了されました。

今日は、私が赴任したハノイで食べていた路上のお店のご飯を紹介したいと思います。
私は派遣校での活動がある日の朝食は、学校の近くでXôi(おこわ)をよく食べていました。たまにおこわ屋さんのおばちゃんが寝坊して店が開いてない時は、とてもがっかりしました。

おこわのメニューの写真
豚肉と大根の漬物のようなものがのったおこわ。20,000ドン(約100円)です。もっと安いおこわもあります。

昼食は午前中の授業が終わって、派遣校や自宅の付近で食べました。

パンや焼いた肉などが並んだショーケースの写真
最初の頃はショーケースを指さしてドキドキしながら注文しました。
ショーケースで買った食事の写真
私はいつも12,000ドン(約60円)のBánh mì xúc xích(ソーセージのバインミー)を食べていました。
麺とつけ汁の料理の写真
炭火で焼いた豚肉とつけ汁がとても美味しいBún chả(ブンチャー)。35,000ドン(約175円)。
スープに沢山の具材が盛られた料理の写真
料理名は分かりません。優しく、サービス精神旺盛なおばちゃんが鶏肉、牛肉、魚の揚げたもの等全部の具材をのせてくれたスペシャルメニューです。30,000ドン(約150円)。

夕食は近所のCơm bình dân(大衆食堂)をよく利用しました。17時頃から地元の人で賑わいます。

ご飯料理の写真
お皿にご飯を盛ってもらい、指をさして好きなおかずを盛りつけてもらいます。スープ付きで30,000ドン(約150円)。

路上のお店で食事をとる時のポイントは、必ず箸を紙ナプキンで拭くことです。現地の方もそうされています。そして、ウエットティッシュがなかったり、あったとしても有料であったりする為、ウエットティッシュを持ち歩いておくと安心だと思います。

屋外に張られたテントと簡易テーブルの写真
このような感じの所で食べています。

「お店の料理を食べたいが、今日はゆっくり家で食べたい」という時は、持ち帰りも出来ます。

ベトナム語のメモの写真
ベトナム語の先生から教えてもらったフレーズ。興味がある方は意味を調べてみて下さい。
肉料理の写真
汁があるBún chả(ブンチャー)も持ち帰りができ、驚きました。

同じ料理でもお店によって味付けが違います。自分のお気に入りのお店を見つけてみて下さい。

料理の写真
ネギたっぷりのPhổ(フォー)。
PAGE TOP