最新情報はこちら

日本語パートナーズを経て

派遣期間:2018年8月~2019年3月

私は2年前の今頃、インドネシアのジャカルタ近郊にあるボゴールという街で、日本語パートナーズ(NP)の活動に奮闘していました。もう2年も前かと思うと月日が経つのはとても早いと実感します。

私は2020年2月からインドネシアで働いています。NP参加以前は日本で働いていましたが、この活動への参加をきっかけに新しいことに挑戦したいと考え、NPとしてインドネシアに派遣される前に前職を退職しました。NPとしての活動を終えた後どうするのかはいつも頭の片隅にありましたが、私の場合、活動中は帰国後のことを真剣に考える余裕が無く、求人を検索する、企業にアプローチをするなどといった就職活動は特にしないまま日々が過ぎていきました。

再び訪れた派遣先校で撮影した集合写真
現職が決まってから、コロナ禍が拡大する前の2月にインドネシアに戻ってきたので、
すぐに派遣校を再訪し、カウンターパート(CP)や生徒にも再会することが出来ました。

NPの任期を終えて帰国する間際に大学時代の恩師がインドネシアを訪れると聞き、ジャカルタで会うことになりました。ジャカルタに行けばきっと美味しいものが食べられるな……と軽い気持ちで参加した食事会でしたが、その際に同席した母校の先輩から現地で働くことについてお話を伺いました。この時に初めてインドネシアで働くということを真剣に考えました。現地で働くことの具体的なイメージやきっかけは滞在時に得ましたが、帰国後に家族や周囲に相談をしてから心を決めたため、履歴書の作成、スカイプ面接、渡航までの書類のやり取り等はすべて帰国後に日本で行いました。

日本で撮影した先生がたとの記念写真
まだ私が日本に居た時にCPと派遣校の先生が来日しました。
お世話になった先生方との再会、日本滞在のためのお手伝いが出来たことがとても嬉しかったです。
ご友人との記念写真
派遣時にインドネシアへ遊びに来てくれた友人と。
地元福岡でアンクルンの体験にも参加しました。

思い返すと、2017年に派遣校決定の通知を見た時、派遣地がジャカルタ近郊だったことを一瞬だけ残念に感じました。なぜなら、当時の私は日本人がなかなか訪れることのないような土地での活動の方がより貴重な経験が出来るのでは、と安易に思っていたからです。しかし、今振り返るとどこに派遣されたとしても自分次第で様々な機会を得ることができるのではと感じています。

現在勤めている学校で撮影した写真
現在の職場は学校です。事務スタッフとして学校の運営に携わっています。

私は教員や日本語教師の資格を持っていませんが、以前から学校で働きたいという思いがありました。この念願が叶ったのもNPとして教育や学校に関わった経験があったからだと思います。

現在勤めている学校の職員室で撮影した写真
職場の大半は日本人ですが、私の部署は上司を除いて他はインドネシア人スタッフです。
今度はインドネシアで、日本人とインドネシア人の接点が増えるきっかけになれればと思っています。

新型コロナウイルスの流行により世界中がこのような状況になり、せっかく戻って来たインドネシアでの生活を不安に思うことや、以前とは違う閉塞的な日々を嘆くこともありますが、どこに居ようと今、私に出来ることを大事にしようという信念のもと、またこの地で新しい生活を始めています。

Writer
インドネシア 西ジャワ州
花田 美織さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP