最新情報はこちら

日本人が居ない町での日本語学習

はじめまして。
私は、バンコクから飛行機で1時間弱、そこからさらに車で1時間のところにあるタイ東北部ウボンラチャタニー県の、デートウドム学校で活動しています。ラオスと国境を接しているのでこの町の人々は、ラオス語をたくさん話します。

デートウドム市に住んでいる日本人は私一人だけです。そして日本語パートナーズが着任するのは初めての学校です。学校の生徒たちは、聞いたことのない、見ことのない生の日本語と日本人にとても興味があります。授業中、生徒は新種の動物でも見るかのように私の言動をきらきらの瞳でジッと見つめます。

日本から遠く離れた、日本にあまり知られていないこの町で日本語を勉強している生徒がいること、また日本語を教えるタイ人の先生がいることを実際に目の当たりにし、日本人としてとても感動しました。

タイ東北部ウボンラチャタニーでの日本語パートナーズ活動
授業後恒例行事?「せんせい、タイループ!」(写真撮ろう!)
タイ東北部ウボンラチャタニーでの日本語パートナーズ活動
ひらがなチェックしてください 日本語に熱心なM1(中1)の生徒
タイ東北部ウボンラチャタニーでの日本語パートナーズ活動
担任をしているクラスのみんな。日本に興味津々です!

日本語教室の壁には生徒が描いた富士山と桜の絵と、雛人形が飾られています。見たことのない日本の風景を上手に描いていて、とても感動しました。

タイ東北部ウボンラチャタニーでの日本語パートナーズ活動
スマリー先生と雛人形
タイ東北部ウボンラチャタニーでの日本語パートナーズ活動
日本とタイの国旗を掲示しました

スマリー先生はこの雛人形がどんな人形か知らないが、日本らしいものを生徒に見せたい為、研修で来日した際に訪れたリサイクルショップで買ってきたそうです。

日本人のいない田舎町での日本語教育。スマリー先生の、これまでのご尽力を考えると、敬服せずにはいられません。私は、この町に来た唯一の日本人として、リアルな日本を伝えてその力になっていきたいです。

Writer
タイ ウボンラチャタニー
平田 麻奈さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP