最新情報はこちら

灼熱の集団ウォーキング県大会出場

8月25日、私が派遣されている高校のある中部ジャワ州クンダル県で、集団ウォーキング県大会が開催されました。県内の企業や役所、学校等で働く人が事業所ごとに1チーム10人の集団で8キロを歩き、その速さを競います。私もクンダル第一国立高校のメンバーとして参加させていただきました。

日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 集団ウォーキングに参加する面々が一堂に集まっています
日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 県内中の事業所ごと10人の参加者たちです

県内中の事業所から多くの人が集まりました

というのも、その1週間前のこと。カウンターパートである日本語の先生が「ウォーキング大会の練習に行きます。」とおっしゃったので、なんとなく一緒に行ったのが始まり。練習後、疲れを見せずにケロッとしていた私を見て、先生は「来週の大会、一緒に出ますか?」と誘ってくださいました。他の先生たちは心配そうな表情でしたが「私、高校時代陸上部だったから大丈夫です! 8キロ歩けます!」と言ったら、拍手が沸き上がり、私の出場が決まりました。陸上部員だったのは、もう15年も前のことですが。
それから3回ほどの練習を重ねて大会の日を迎え、ブリーフィングで、お揃いのユニフォームの確認をしました。赤いポロシャツに、紺色のジャージ、そして赤いジルバブ。先生は私の方を向いて、「れいこ先生もジルバブ被りたい?」と聞いたので、私は「はい、被りたいです!」と即答したところ、一緒に出場する先生たちが喜んで私にジルバブを被せてくれました。私もこれでようやくチームの一員になれたような気がして嬉しかったです。「インドネシア人みたいだね」と何度も言われ、私の初ジルバブ姿は大好評でした。

日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 初めてジルバブを被ってみました
初めてのジルバブ、似合ってますか?
日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 集団ウォーキング県大会会場へ向かうバスの中で
会場へ向かうバスの中も賑やかです。

クンダルは毎日とても暑いです。35℃は越えている灼熱の街中を、長袖長ズボン、ジルバブにマスクという、もはや目と手しか出てない服装で8キロ、歩き切りました! ゴールしたときはみんなで抱き合って喜びました。

日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 スタートの前に選手のみんなで記念撮影です。
スタート前、選手のみんなで。
日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 集団ウォーキングスタートした様子です。
スタート直後の様子です。

結果は中学校・高校職員の部で3位でした。
それまで言語の壁があってなかなか話せなかった他の教科の先生たちとも打ち解けることができ、本当に良い経験になりました。

日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 最後に男性チームと女性チームのみんなで全員集合の記念撮影をしました。
男性チームの先生たちも一緒に、全員集合!
日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 中学校・高校職員の部で3位のトロフィーとともに
後日、学校に届いたトロフィーです。
Writer
インドネシア 中部ジャワ州
小宮山 令子さん

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP