最新情報はこちら

少ない授業の中でも、日本語や日本への興味を深めてほしい

潮州高中(高中は日本の高校に相当)に赴任し、3ヶ月が経ちました。
今月は、2年生が第二外国語として選択している、日本語クラスを紹介します。クラスはA、Bの2クラス(1クラス26人)、授業は週1回(毎週水曜)、2コマ(1コマ50分)あります。台湾の多くの公立普通科高校がそうですが、ここ潮州高中でも、日本語クラスを担当するのは、ふたりの非常勤教師、邱先生と廖先生です。
ふたりとも、本校以外での業務を終えた後、授業開始直前にいらっしゃることが多く、校内で一緒に授業内容を検討する時間はありません。ですから授業前に、主にSNSで意見交換します。赴任当初、先生方にいただいた授業計画をもとに、資料作成や役割分担、時間配分等を相談します。

台湾の日本語パートナー活動 文化紹介 手巻き寿司体験
ある日のSNSでのやりとり

授業は、日本語初学者が多いことを考慮して、五十音から始め、単語の発音は繰り返し練習します。

台湾の日本語パートナー活動 日本語の授業風景
発音練習の際には得意?のイラストも合わせて。視覚的効果を狙います。

ですが、先生方の授業計画には、文法説明の時間は少なく、簡単な会話練習(「いただきます」「ごちそうさま」、「ありがとうございます」「どういたしまして」)、言葉を使ったゲーム(数字ビンゴ、カードでしりとりなど)、文化紹介(お札の人物、七五三、紅葉狩り、温泉など)、文化体験(茶道、手巻き寿司体験、折り紙など)が多く取り入れられています。
これは生徒たちに、「少ない授業の中でも、日本語や日本への興味を深めてほしい」、「クラス終了後も、日本語の勉強を続けてほしい」という思いがあるからだそうです。

台湾の日本語パートナー活動 日本語の授業風景
Bクラスの廖先生お手製のしりとりカード。うきわ→わたあめ→めがね……と、単語をつなげてしりとり遊びができます。
台湾の日本語パートナー活動 日本語の授業風景
楽しいだけじゃ生徒は勉強しない。時には、知識の定着を狙ってテストも。Aクラスの邱先生と。

私は、ゲームのお手伝い(主に発音の部分)、文化紹介のパワーポイント作成、文化体験の計画表作成や物品の調達などの部分で、先生方の授業をサポートします。深夜まで資料を準備したり、物品調達に難渋したり、と大変なこともあります。
しかし、先生方と細かい打ち合わせをし、準備に時間をかけて臨んだ授業ほど、生徒も感動してくれます。何より準備を通して、私自身が知らなかった「日本」を知ることができるのは、幸せな瞬間です。

台湾の日本語パートナー活動 文化紹介 茶道体験
茶道体験のために、基隆、桃園、高雄のパートナーズから借りた茶筅。
台湾の日本語パートナー活動 文化紹介 茶道体験
茶道デモンストレーションの様子。お手伝いに来てくれたパートナーズ仲間と。
台湾の日本語パートナー活動 文化紹介 茶道体験
二人一組での茶道体験が実現したのは、パートナーズの協力と廖先生の情熱の賜物。
台湾の日本語パートナー活動 文化紹介 茶道体験
心を込めて、お茶を点てます。
台湾の日本語パートナー活動 文化紹介 手巻き寿司体験
手巻き寿司作り体験。家庭科室が使用できなくなり、急遽教室でやりましたが……
台湾の日本語パートナー活動 文化紹介 手巻き寿司体験
邱先生と相談し、ごはんと具を事前準備することで、安全かつ衛生的にできました。
Writer
台湾 屏東
石山 美保さん

この人の書いた他の記事

台湾の記事

よく読まれている記事

PAGE TOP