最新情報はこちら

ランチの楽しみ

シンガポールは食品や様々な製品を海外から輸入している為、物価は高めでレストランでの飲食は高くつきますが、ホーカーセンターやHDB(公団住宅)の下にあるコーヒーショップ、学校内の食堂では地元の名物料理を安く食べることができます。(2.5ドル~4ドル位)

学校の広い構内には5つの食堂があります。その他にファーストフード店が数軒、そして学生が運営するカフェが2軒あります。食堂が一番安く、ファーストフード店の半額以下で食事ができます。遠方から通う学生や職員も多い為、食堂は朝7時半からオープンし朝食も提供しています。また午後9時に終了する授業もある為、食堂で夕食を食べる学生達もいます。

学生数は13,000人程なので12時から13時の間はどの食堂も大変な混雑となり、各お店にも長蛇の列ができます。イスラム教徒やヒンズー教徒、ベジタリアンも多い為、それぞれの需要を満たすお店が並んでいます。学内で食事する時もありますが、ピーク時にランチを取る時は学外に行く職員も多く、私も他の先生方と学外に行くことが多いです。特にカウンターパートの先生はこのエリアにあるホーカーセンターに非常に詳しいので、何を食べるならどこが一番美味しいか良く知っています。

それではホーカーセンターで食べられる私のお気に入りのメニューをいくつかご紹介します。

チキンライスとラクサ

これまで何十軒もチキンライスを食べ比べました。
お店によって味が違います。
ラクサは日本人にも人気でココナツミルクが香辛料の辛さをマイルドにしてくれます。
プローンヌードル

海老の出汁が効いたヌードルです。
ポークリブヌードル

いつも長い行列ができる人気のお店で、
ポークリブは長時間柔らかく煮込まれて骨まで食べることができます。
バーチョーミー
ミートボール入りのヌードルで、
スープも美味しいです。
フィッシュボールスープ

フィッシュボールのプリプリした食感が
とても良いです。
フィッシュスープ

白身魚の切り身と野菜の入ったスープ。
私はご飯と一緒に食べます。
とてもあっさりしたお腹にやさしいスープです。
ホッケンミー

卵麺と米麺が混ざった海鮮焼きそばです。
ミックスベジタブル

ずらりと並んだお惣菜の中から好きな物を選びます。
野菜不足にならないようにランチによく利用します。
ワンタンヌードル

 ドライとスープタイプがあり、ドライは麺とスープが別に出され、麺には既に味がついています。
ペーパープラタとチキンカレー

 
ペーパープラタは薄くてパリパリしていてとても良い食感です。こちらは学内の食堂で食べたものです。

選択肢がたくさんあって毎日ランチタイムが楽しみです。 

Writer
シンガポール
山口 由夏さん

この人の書いた他の記事

シンガポールの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP