最新情報はこちら

Sampai jumpa lagi(また会おうね)

こんにちは。南ジャカルタ市派遣の鷹野敏也です。今月で派遣期間が終わりもうすぐ帰任です。私が『今月の“日本語パートナーズ”』を書けるのもこれで最後なので寂しいです。

今日は派遣校での送別会の様子を紹介します。私の派遣校は2校なので、送別会を2回開いていただきました。送別会では先生や生徒とあいさつをしました。日本で送別会に参加したことはほとんどありませんが、日本と同じだと思います。

先生や生徒からはバティック(インドネシアの伝統的な染め物。シャツ、ワンピース、ズボンなどがある)やお菓子などを貰いました。生徒が作ってくれたアルバムや手紙を貰いとても嬉しかったです。
コス(日本でいうアパート)のスタッフからもおみやげを貰いインドネシアの人のあたたかさを感じる1日になりました。
私からはインドネシア語での短いスピーチをして、プレゼントにお菓子や折り紙などを渡しました。あまり高価なものではありませんでしたが喜んでもらえてよかったです。

約7ヶ月の派遣期間でインドネシア人の明るさ、親切さ、優しさに触れることができました。今までは日本で困っている様子の外国人を見かけてもなかなか声を掛けることができませんでしたが、インドネシアで自分がしてもらったように、今度は自分から声を掛けたいと思います。

7ヶ月間本当に楽しく元気に活動できました。今度インドネシアに来るときは旅行か仕事か留学かまだわかりませんが、必ず戻ってきたいと思います。Sampai jump lagi.


10年生(高校1年生)と(1)

10年生と(2)

11年生(高校2年生)と(1)

11年生と(2)

先生たちと

SMAN 55 JAKARTA(ジャカルタ第55国立高等学校)

SMAN 37 JAKARTA(ジャカルタ第37国立高等学校)
Writer
インドネシア ジャカルタ
鷹野 敏也さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP