最新情報はこちら

部屋に訪れる生徒たち

Nama berita? ― Manah! (マレーシアのボルネオ島に住むイバン族が話すイバン語で、元気ですか?― 元気です。の意)
こんにちは。マレーシアのサラワク州に派遣されている飯島です。今回は全寮制の学校に派遣され、職員寮ではなく学生寮にて生活している私ならではの生活の一部、部屋に訪れる生徒たちを紹介したいと思います!

この学校の生徒たちは毎日文字通り朝から晩まで、勉強に勉強に部活にと、とても忙しい生活をしていますが、時々息抜きがてらか私の部屋に遊びに来ます。そんな生徒たちは私の部屋で何をしているのかというと……

[1]日本語学習
日本語のクラスの生徒を中心に、授業で分からなかった箇所の質問等をしに部屋に訪れます。


息抜きといいつつ勉強!みんなすごく真面目です。
フランス語・アラビア語といったほかの語学のクラスの生徒も、興味があれば部屋で簡単な日本語を学んでいます。
この日はこのまま部屋に皆泊まっていきました笑。

[2] 浴衣体験
クラス問わず既に何十名もの生徒がこのために部屋を訪れてきました。


民族衣装を着てみたい! という気持ちはどこの国でも女子たちの強い願望のようです。
着付けだけでなく、浴衣の畳み方まで上手になった子も!

[3] 茶道体験
シャカシャカと茶筅を使ってお茶を点てるのが皆楽しいようです。


初めて自分で点てた抹茶のお味は……?

[4] 三線体験
日本語授業・国際語クラブで三線を使った日本の曲を紹介したところ、三線を習いたい! という子が!


日本語クラブで三線の紹介をしたときの様子

プチ三線教室♪ 最近は1曲弾けるようになった子が後輩に教えられるまでに!

[5] 日本食体験
おにぎりやお寿司を皆で作りました。今度はお好み焼きを企画中。


意外と難しい三角の形作り?

[6] 女子会
特別な目的はなくとも、「ちょっと先生と話したい~♪」とふらっと部屋に立ち寄ってくれる子も多いです。皆でジュースとお菓子を持ち寄って女子会!


休日明けには自分の家からお母さんの手料理を持ってきてお裾分けしてくれる子もいます。
生徒たちは私にサラワク方言や、イバン語を教えてくれたり、ダンスを教えてくれることも。

異文化交流はとても楽しいですが、何と言ってもやはり女子会で盛り上がるのは恋愛の話!
いわゆる「恋バナ」が盛り上がるのはどこの国でも同じですね。

[番外編] 部屋の前のホワイトボード
留守のときなど伝言を残してもらえるように部屋にホワイトボードをかけています。外から帰ってきたらいつも何かしらコメントがあり、微笑ましい瞬間です。


ある日のメッセージ。寮のブロックは違うのに、毎日何かしらコメントを書きにきてくれる生徒もいます。

以上、部屋に訪れる生徒たちの様子でした! 

Writer
マレーシア サラワク州
飯島 葉月さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP