最新情報はこちら

日本人きたる!!

サワディーカ(こんにちは)!
東北地方にあるロイエット県スワンナプーム市からの初発信です。
私の派遣校は、スワンナプームピタヤパイサーン校という中高一貫校です。3000人規模の学校で、そのうち260人ほどの生徒が日本語の授業を受けています。

ロイエット県には、日本人が多くいません。そんなロイエット県に、日本人の友だちが遊びに来てくれました。この貴重な機会を生かさずにいてどうする!?ということで、生徒と一緒に活動してもらうことにしました!

1人目はバンコクからです。
生徒とムーガタを食べて、スワンナプーム市の観光名所であるBig Cというスーパーで日本語の勉強をしました。そして猿のたくさんいる、通称名「猿寺」に行きました。
※ムーガタとは、焼肉と鍋が一体化した1度に2度おいしいタイグルメです。Big Cはタイ全土にチェーン展開する大手スーパーです。でも、スワンナプーム市では重要な観光名所の一つです!(生徒談。)

「あきこと友だち」で勉強する生徒たちの写真
Big Cの中でもどこでも、いつでも「あきこと友だち」で勉強です。
とっても攻撃的な猿たちの写真
可愛い外見と裏腹に、とっても攻撃的な猿たち。バナナとスナックをあげました。
猿寺での記念写真
猿寺で記念撮影です。

2人目もバンコクからでした。高校2年生に、スワンナプームではなくロイエット市内の観光案内をお願いしました。計9人でブンパランチャイ公園を練り歩きました。

公園内でお参りする生徒たちの写真
まずは公園内でお参り。生徒達の敬虔な祈りの姿勢には、いつも心を動かされます。
アヒルボートの写真
お参りの後は、アヒルボートです。隣の生徒がほぼ一人で頑張って漕いでくれました。
水族館での写真
入場料無料の水族館があります。冷房が効いているので、年甲斐もなくボートではしゃいだ後はここで一休み。
ロイエット体験の写真
ロイエットは、数字の「101」を意味します。

3人目はウボンラチャターニーから来てくれました。ディープなロイエット体験ということで、高校3年生の生徒二人を誘い、一緒に地獄寺巡りをしました。

ワットパーノンサワンの写真
ワットパーノンサワン。カラフルで美しいお寺ですが、裏には地獄を思わせる像が立ち並びます。
タイ語の戒めが書かれた看板の写真
タイ語の戒めを生徒が一生懸命訳してくれました。いい人になりたいです。

4組目は日本から二人で遊びに来てくれました。元教員のお二人に協力いただき、生徒に「うどん打ち」を体験してもらいました。うどん生地を足で踏む工程は、生徒には抵抗があったため、椅子の上に置いて膝でフミフミしました。50回×5回で250回。努力の甲斐あり、コシのあるうどんが出来上がりました。天ぷらも一緒に……。と、思ったら、うどんの茹で上がりを待たずして、天ぷらは全て姿を消していました。それくらい生徒が夢中で食べてくれてよかったです!

皆様、是非ロイエットにお越しください!お待ちしております。

塩水作り生徒たちの写真
まずは塩水作りから。みんな真剣そのものです。
うどんを膝で踏む生徒の写真
膝でフミフミ。次の日は確実に筋肉痛です。
うどんを切ると生徒の写真
……そして一人の職人が生まれました。
Writer
タイ ローイエット
富樫 純子さん

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP