最新情報はこちら

7回の日本語キャンプに参加して

どーも、加藤翔真(通称:まっは)です!

タイの学校では、「日本語キャンプ」と呼ばれる活動があります。これは、主に日本語を勉強している生徒が、楽しみながら日本語や日本文化に触れたり、日本人と交流する活動です。

キャンプという名がついているものの、1日で終わるものも多いです。宿泊型の場合は、学校に泊まるキャンプもあれば、他県のビーチ沿いのリゾートで行うようなキャンプもあります。

派遣される場所にもよりますが、私たち日本語パートナーズは「日本語キャンプ」に招待されることがよくあります。

それでは、キャンプでは一体どんなことをしているのでしょうか?

名刺交換している写真
自己紹介と名刺交換
ひらがなかるたの写真
ひらがなかるた
ポスター発表の写真
日本人へのインタビュー後のポスター発表
クイズ大会の写真
クイズ大会
盆踊りの写真1
盆踊り
盆踊りの写真2
総勢200名以上の盆踊り
流しそうめんの写真
暑い暑い屋外で流しそうめん
茶道体験の写真
簡単な茶道体験
てるてる坊主作りの写真
折り紙でてるてる坊主作り
浴衣体験の写真
浴衣体験
日本語のヒントを見て動物を探す活動の写真
日本語のヒントを見て動物を探す活動

他にも、風呂敷、書道、折り紙、餅つき、大福、巻き寿司、ソーラン節、アルゴリズム体操・行進、日本の運動会、フルーツバスケットなど、様々な活動があります。

日本語キャンプ参加者たちの集合写真

それにしても、タイでは本当にたくさんの生徒が日々日本語を勉強しているのだなと、キャンプに参加するたびに気付かされます。

アニメや漫画が好きだから、親に勧められたから、将来いい仕事に就きたいから、日本に行きたいからなど、皆勉強する理由は様々です。

タイ全土で日本語を教えている学校がありますが、地方だとなかなか日本人と接する機会がありません。そのため、こうして多くの日本人と触れ合うことが、日本語の学習動機の向上に繋がることも多いと聞きます。

もうあと少しで帰国となりますが、日本語キャンプはまだまだあります。
1人でも多くの生徒と日本語で話したいと思います!

Writer
タイ ウボンラーチャターニー
加藤 翔真さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP