最新情報はこちら

ウタイターニーのハレ

こんにちは!
私の記事を読んでくださった方は、もう、ウタイターニーの地名になじみがあるのではないでしょうか。

今月は、ウタイターニーの「ハレ」と「ケ」について紹介します。

いつものウタイターニーには、のどかな田舎町の雰囲気が漂っています。

のどかな風景写真
ウタイターニーの市場とサケークラン川

しかし、いざ「ハレ」の日になると、その雰囲気は一転します。
その「ハレ」と「ケ」のギャップによって、半年たった今も生活にメリハリがある気がします。

ウタイターニーで最も大きな「ハレ」は、「オーク・パンサー」です。
オーク・パンサーとは、雨季の間、僧侶が山にこもって修行をし、3カ月後の雨季明けに修行を終えて寺から出てくることです。

山の頂上に続く階段が見えるお寺の写真
サケークラン山のふもとと頂上に寺があります。

この日、ウタイターニーでは、町のシンボルである寺「ワット・サンカット・ラッタナ・キリ」で儀式が行われます。沢山の僧侶が山の階段を下り、その先に人々が集まり、托鉢をします。托鉢とは、僧侶にお供え物をすることで徳を積むことです。

山の近くで撮影した儀式の写真
托鉢をしに来た大勢の人と、山を下りてきた僧侶たち。
混雑したなかで托鉢が行われる様子の写真
地元のみならず、タイ全土から来た方も托鉢をしていました。

伝統的な儀式にもかかわらず、現代風の音楽が大音量で流れる場面もあるのが印象的でした。

そしてもう1つ、直近にあった「ハレ」の日は、ロイクラトンです。
ロイクラトンと言えば、チェンマイが有名ですが、タイでは各県や地域ごとにロイクラトンの祭りが開かれます。

灯篭と明かりがともされるサケ―クラン川の写真
ロイクラトンでは、町中が音楽と明かりにつつまれます。

ウタイターニーのロイクラトンでは、ウタイターニーに住む人々がサケークラン川に集まります。各々バナナの葉やお花でつくられたクラトン(灯篭)を川に流していました。

灯篭の写真
ワニ型のパンでできたクラトンも。

ロイクラトンには学校や職場といった単位の団体で参加し、パレードや展示を行います。

お寺と庭のような装飾の山車の写真
美しい山車を競います。これは私の赴任校のものです。

川の近くを散策していると、知っている生徒や先生、町の人にかなりの頻度で出会えました。そんな小さな町ですが、「ハレ」の日のパワフルさとのギャップで更に魅力を感じる日々です。

ワニのクラトンと夜景の写真
写真1枚目と同じ場所からとった私のクラトン
Writer
タイ ウタイターニー
松田 ゆきのさん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP