最新情報はこちら

とても嬉しい出来事がありました!

こんにちは!マハサラカームに来て7か月以上が経ちました。赴任から1か月、3か月、半年、そして現在と、学校内や街中で私と私の周りの人たちの距離感はどんどん近くなっています。そして最近、とても嬉しい出来事があったので是非聞いて欲しいです!

私は後期からコンビニのコーヒーが安く美味しいことを知り、コンビニへ行く回数が増えました。行くコンビニは3店舗。赴任当初からどの店舗へ行っても店員さんたちが会計をしながら私に話しかけたり、タイ語を教えてくれるとても温かい場所でした。後期になり学校から帰宅途中、水を買いにコンビニへ寄ると「先生」と背後から呼ばれました。生徒かと思い振り向くと、店員のお姉さんがニコニコして私を見ていました。「先生。今日はコーヒーいる?」と言われ、全く買う予定がなかったコーヒーを買って帰宅しました。笑

街中で生徒以外に「先生」と呼ばれるのは初めてのこと。彼女は私が店内で生徒に「先生」と呼ばれている姿を見て、私を「先生」と認識したそうです。

それ以来、街中で生徒以外の人に「先生」と呼ばれることが増えました。今では隣の学校の生徒やカフェの店主さんたち、近隣のナースカレッジの生徒や近所の子供が街中で私を見ると「先生」と笑顔で呼んでくれます。

今思えば、前期は話しかけても恥ずかしがって逃げられていた中学生は私を学校で見つけたら飛んで走り寄って来るようになり、「先生はタイ語が分からないから話せない」と言っていた高校生は私に相談事を持ち掛け頼ってくれるようになり、街中で会う人たちは私を「外国人」から「日本人」、今では「先生」と認識して接してくれるようになりました。

本当に小さなことですが、今の周りの人たちとの距離感は、今までの私の活動結果であり、私が活動を頑張れる源でもあります。みなさん、いつもありがとう!!!

(※“日本語パートナーズ”の大きな役割は現地の日本語を教える先生のサポート・アシスタントですが、生徒からは「先生」と呼ばれることが多いです。)

コンビニ店員さんの写真
コンビニの店員のお姉さん「先生、何で今日はブラックコーヒーじゃないの〜!笑」と言って少し難しいドリンクに苦戦。笑
お店の前でコーヒーを飲む生徒たちの写真
生徒たちとコンビニへ。入った途端「先生、コーヒー?」と聞かれ生徒たちも購入。笑
渡邊さんと生徒たちの楽しそうな写真
とても静かだった高校1年生は今では1番賑やかなクラスに。毎日「先生、写真!」と言われます。
生徒たちとの記念写真
韓国語クラスの生徒たち。高校1年生、2年生、3年生も毎朝日本語教室に「先生、おはよう!」と言いにきます。
教室に遊びにきた生徒の写真
日本語を勉強していない中学生が「先生!」叫びながら日本語教室に遊びにきました。
他校の生徒の写真
隣の学校の生徒が迷子の私を「先生」と呼び止め、助けてくれました。
近所にいた牛と子供の写真
近所の子供に「先生、遊ぼう!」と声を掛けられ、一緒に牛を見に行きました。
交換日記の写真1
交換日記の写真2
私が生徒と行っている交換日記
Writer
タイ マハーサーラカーム
渡邊 太一郎さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP