最新情報はこちら

事前に知ってほしい!ベトナムの交通事情

この写真を見て下さい。

道路の写真
写真の下の方の道路にご注目下さい。

2年前にプライベートで初めてベトナムを訪れ、この写真を撮った時、私は途方に暮れていました。実は、ホテルに帰ろうと一度外に出たのですが、青信号にも関わらず、大量のバイクに負けて横断歩道を渡ることが出来なかったのです。どうすることも出来ず、一度ショッピングセンターへ戻りました。日本では全くなかった「横断歩道を渡れない」という経験に私は衝撃を受けました。

このように赴任前に衝撃を受けた私ですが、事前に体験出来て良かったと思いました。今回は私の普段の移動手段を通じて、皆さんに知ってほしいベトナムの交通事情を紹介します。

ベトナムは日本のように「歩行者優先」の文化はありません。徒歩で移動する場合は、歩行者信号が青でも注意して横断歩道を渡る必要があります。道路が込んでいて、歩道を走るバイクに出会うこともよくあります。常に油断出来ません。

バスやバイクが走る道路の写真
道を渡る時、バスには要注意
バスの窓から見た道路の写真
大きい乗り物が強いベトナムの交通社会、バスは強気に進んでいきます。

歩行者の時はとても怖いバスですが、通勤にはとても便利です。バスでの移動の時にはTìm BuýtというハノイバスのアプリやGoogle Mapを使ってバスのルートや現在地を調べています。

バスの看板写真
何番のバスが来て、行先はどこかが書いてあります。
バス停の写真
バス停でバスを待つ人たちの写真
乗りたいバスが見えてきたら、立って乗る準備をしましょう。

ほとんどのバスがどこまで乗っても7,000ドン(=約35円)と安いです。バスを利用する際の注意点は乗り降りをする時です。停留所で乗り降りする場合、バスが完全に止まらないことが多いので、素早く乗り降りする必要があります。

到着したバスの写真
基本的に前のドアから乗車します。席に着く前に発車してしまいます。

特に降りる場合は、バスとバス停のわずかな隙間をバイクが通ることもあるので、周囲を確認しながら素早く降りる必要があります。

バスの車内の写真
降りるバス停が近づいてきたら後ろのドアの前に行きましょう。
バスの車内の写真
車内には運転手と車掌(水色の制服を着ている人)がいます。バスに乗ったら運賃を車掌が回収にきます。
領収書の写真
運賃を支払うと領収書をもらうことが出来ます。
顔写真入りの定期券の写真
乗車時、きちんと定期と顔を車掌に見せる必要があります。

2年前には横断歩道さえ1人で渡ることが出来なかった私ですが、今では大きな道や信号がない道でも周囲をよく見て自分のペースで渡ることが出来るようになりました。そして、バスを使うことが出来るようになり、さらに行動範囲が広がりました。私が体験したエピソードは1つの例ではありますが、これからベトナムに来る方、事前に交通事情を知っておくことをお勧めします。

Writer
ベトナム ハノイ
安部 祥子さん

この人の書いた他の記事

ベトナムの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP