最新情報はこちら

オンライン日本語パートナーズ

派遣期間:2019年8月~2020年5月

ベトナムのハノイに派遣された鎌田です。
今年3月、新型コロナウイルス感染症の影響による派遣先の休校措置が長引く中、私はカウンターパート(CP)の先生と、学んだ日本語を復習するためのビデオを撮影し、生徒に配信する計画を立てていました。

派遣先で作成していた計画表
日本語を復習するためのビデオ配信を計画しました

1本目のシナリオが完成し、ビデオ撮影に入ろうとした日、私は国際交流基金から日本への避難帰国の指示を受けました。CPの先生に帰国することを連絡したところ、直ぐにアパートに駆けつけてくれました。 復習ビデオの配信は実現できませんでしたが、帰国後もCPの先生や生徒たちとSNSで連絡を取っていたところ、CPの先生からオンライン授業への参加の提案を受けました。(返事に Nhờ cô.(お願いします)と書くべきところ、Nhớ cô.(先生に会えないから寂しい)と打ってしまいました。笑)

記念写真
CPの先生(中央)と、同じアパートに住んでいた同期の日本語パートナーズ

こうして、9月ごろ当時のクラスの授業にオンラインで参加することができました。
生徒とは半年ぶりの再会です。しばらく会わない間に、日本語も上手になっていました。「先生、いつベトナムに来るの? ベトナム語で話してください」と日本語で嬉しい質問があり、Nếu hết Corona, tôi sẽ đến Hà Nội.(コロナが無くなったら、ハノイに行く)と答えたところ、「ハノイにはコロナが無いです」と言われてしまいました。

ビデオ通話画面
懐かしいCPの先生と日本語が上達した生徒たち

また、「先生、ベトナムの歌を歌ってください」とのリクエストもありましたが、知らないと答えると、生徒たちは、クラスでよく歌った ドラえもんとパプリカの歌を歌ってくれ、懐かしくて思わず目頭が熱くなりました。

教室に着席した生徒たちが写っているビデオ通話画面
成長した生徒に再会し、嬉しくなりました

写真の歌詞は7年生(日本の中学1年生に相当)が書いたものです。ひらがなの上にローマ字を書いて、日本語を覚えます。授業では教科書の勉強だけではなく、歌を歌ったり、日本のおもちゃで遊んだり、日本文化にも触れ、楽しく日本語を勉強しています。

ノートの写真
生徒が書いたパプリカの歌詞

ベトナムと日本の絆を更に深め、日本語パートナーズで巡り会った先生や生徒たちが、、ますます幸せになるよう祈っています。
Nhớ cô và các con. Hẹn gặp lại một ngày gần nhất.(また会いましょう)

Writer
ベトナム ハノイ
鎌田 雅司さん

この人の書いた他の記事

ベトナムの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP