国際交流基金アジアセンターThe Japan Foundation Asia Center

"日本語パートナーズ" 派遣事業"NIHONGO Partners" Program

国際交流基金アジアセンターはアジアで日本語を教える教師や生徒のパートナーとして、授業のアシスタントや日本文化の紹介を行う"日本語パートナーズ" を現地の教育機関へ派遣しています。"日本語パートナーズ" は日本語学習者や地域の人々とのふれあいを生み出すとともに、課外活動やイベントなどを通して日本文化の紹介を行っています。

"日本語パートナーズ"

文化・知的交流Cultural and Intellectual Exchange

美術、映画・映像、舞台芸術、スポーツ、市民交流、知的交流等さまざまな分野で、アジアの人々の交流活動を推進しています。
双方向性、協働性を重視し、各々のアイデンティティと多様性を尊重し合い、共にアジアの新たな文化を創造します。

美術

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」

映像

東京国際映画祭×アジアセンター連携事業

知的交流

日本・ASEANメディアフォーラム

舞台芸術

『プラータナー:憑依のポートレート』

スポーツ

東南アジアとのサッカー交流『ASIAN ELEVEN』

市民交流

HANDs! – Hope and Dreams Project!

助成・フェローシップGrant and Fellowship Programs

国際交流基金アジアセンターは、公募プログラムを通じ、日本及びASEAN諸国の団体・個人が実施する双方向の交流事業を支援しています。芸術・文化、スポーツ、学術・知的交流等、幅広い分野を対象とします。
※2020年4月頃に、助成プログラムの新しい申請要領・申請書をウェブサイトにて発表します。

助成・フェローシップについて